雅子さまの「愛子さまファースト」に対し懸念の声出る

11月3日(金)7時0分 NEWSポストセブン

10月の最週末は文化祭で過ごされた愛子さま

写真を拡大

 1年半後にやってくる次代の到来に向け、雅子さまへの期待は日を追うごとに膨らんでいる。だが、皇太子さまに「おひとり公務」を託された雅子さまの、連日の私的お出ましが波紋を呼んで──。


愛子さまは頭に白いバンダナを巻き、カラフルな柄をあしらったクリーム色のエプロン姿で、てきぱきとお弁当を売っていらっしゃいました。メニューはおこわや天むす、すき焼き弁当など。お友達とご一緒に、笑顔で“看板娘”を務められていました」(目撃した人)


 10月最後の週末、愛子さまが通われる学習院女子高等科(東京・新宿区)で、恒例の文化祭『八重桜祭』が開催された。


「終日雨でしたが、台風を吹き飛ばすくらい校内は活気に溢れていました。各教室では書道や華道の作品が展示されていたほか、愛子さまは高校3年生のダンスパフォーマンスなどをご覧になったそうです」(学習院関係者)


 中等科3年だった昨年、長期欠席のさなかにあった愛子さまは文化祭を欠席された。


「毎年心待ちにされているイベントだっただけに、ご体調が整わなかったことは大変残念だったことでしょう。昨年は、欠席中でもクラスの出し物の景品のミサンガ作りなどをお手伝いされていましたが、やはり今年参加できたことに大変満足されているようでした」(宮内庁関係者)


 土、日の2日間にわたって行われた文化祭には、雅子さまも両日足を運ばれた。


「愛子さまとお友達のツーショットを撮られたり、お友達のママも含め4人で写真に収まられたりしたそうです。また、国際交流部の展示教室に立ち寄られたり、東日本大震災で被災した福島県の復興協力をしたボランティア同好会の写真やレポートをご覧になったそうです」(前出・学習院関係者)


 土曜は14時前に到着され、17時過ぎにお帰りに。日曜は、13時頃から16時頃まで滞在された。


「文化祭は子供たちの日頃の様子を間近で感じられるいい機会ですから、これまで、愛子さまの学校生活を心配されたことのある雅子さまも、愛子さまがはつらつと参加される姿にほっと胸をなで下ろされたことでしょう。ですが“今回ばかりは、自重すべきだったのではないか”という意見も宮内庁内部には散見されるのです。まして2日間連続でお出ましになられなくても、と」(前出・宮内庁関係者)


 その“諫言”の理由は、東京から遠く離れた四国・愛媛にあった。



◆陛下の意向で誕生した大会


 10月27〜29日の2泊3日の日程で、皇太子さまは『全国障害者スポーツ大会』の開会式に出席されるため、愛媛県で“おひとり公務”に臨まれていた。


「開会式では、“3年後の東京パラリンピックに向けて力強く羽ばたく選手が数多く誕生することを期待しております”と挨拶され、車椅子バスケットボールや聴覚障害者のバレーボールなどを観戦されました。また、サイクリング推進の取り組みを視察されるためレンタサイクル施設に足を運ばれたほか、造船会社のドックで建造中の船舶をご覧になり、その大きさに感嘆の声を上げられていました」(皇室記者)


 皇室と障害者スポーツのかかわりは深い。


「もともとこの大会は、皇太子時代の天皇陛下のご意向で誕生しました。1964年の東京五輪と同時開催されたパラリンピックを両陛下は連日観戦。大会後、陛下が“このような大会を国内でも毎年行えないものだろうか”と述べられたのをきっかけに、翌年前身となる大会がスタートしました」(皇室ジャーナリスト)


 その後、両陛下はこのイベントに熱心に取り組まれた。思い入れのある大事な公務を引き継がれたのが、皇太子さまと雅子さまだった。


「残念ながら、療養生活に入って以降、都内で行われた年を除いて、雅子さまはお出ましになっていません。2泊3日のスケジュールのため、ご負担が大きいということで今回も見送られたのでしょう。また直後の11月1日には東日本大震災の被災地訪問のため、宮城県に足を運ばれる予定でした。翌週には秋の園遊会を控えていて、愛媛行きを断念されたことには致し方のない面もあったのでしょう」(前出・皇室記者)


 着実にお出ましの機会が増えている中にあって、今から1年半後には皇后となられる雅子さまへの期待は日を追うごとに大きくなっている。



「一方、その声に応えようと無理をされ、また病状が後戻りしてしまうことに不安を覚える声も聞こえてきます。ですから、愛媛にお出ましにならないという判断は理解もできます。しかし問題は、その期間に私的外出として愛子さまの文化祭に、しかも2日間とも足を運ばれるべきだったのかということです。文化祭をご覧になることは“できることからする”という治療方針の雅子さまにとってプラスだったかもしれませんが、このことを障害者スポーツ大会の関係者が知ったらどう感じるか。“愛子さまファースト”の外出を自粛されるという選択肢もあったのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)


 文化祭2日目の10月29日、天皇皇后両陛下は『全国豊かな海づくり大会』の式典行事や7月の集中豪雨の被災地訪問のため、福岡県を訪れられていた。大会の式次第が終わり両陛下が退場される際、ちょっとしたハプニングが起こった。


「壇上に、作文コンクールの受賞者の小学2年の男子児童がいました。そのとき、席を立たれた陛下が児童の前を素通りしてステージ脇に向かわれてしまったのです。美智子さまからお声があったようで、陛下はそこで踵を返され、改めて児童にお声掛けをされました」(別の皇室記者)


 年間300件を超える公務は、80才を超えられている両陛下にとって大きなご負担であることは明白だろう。対して、雅子さまの公務の数は50件前後に留まっている。


「皇后になられた雅子さまが、いきなり美智子さまと同じ公務の数を担われることは現実的ではないでしょう。天皇となった皇太子さまがおひとりでお出ましになる公務も引き続きあると思います。そうなったとき、雅子さまの“行動選択”が新たな火種とならないか、一抹の不安を覚えます」(前出・皇室ジャーナリスト)


「次代の皇后」と「母」の間で、雅子さまの心は揺れ動いている。


※女性セブン2017年11月16日号

NEWSポストセブン

「雅子さま」をもっと詳しく

「雅子さま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ