伊藤英明、久々の連ドラ主演決定でやっぱりイジられた過去の“あの大騒動”

11月5日(火)9時58分 アサ芸プラス

 俳優の伊藤英明が来年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)に主演することが明らかとなった。伊藤のTBSドラマ主演は「孤独の賭け〜愛しき人よ〜」以来、実に12年ぶりとなるが、ネット上では伊藤が過去に起こしたアノ事件がふたたび話題となっている。

「『病室で──』は『ビッグコミック増刊号』(小学館)で連載中の同名漫画をドラマ化したもので、僧侶でありながら救命救急医としても働く主人公・松本照円を通し、“生きることとは、そして死ぬこととは何か”を問うヒューマン医療ドラマを描く作品となっています。ただ、伊藤が僧侶兼、医師を演じることに対し、ネット上が何やらザワついているんですよ」(芸能記者)

 その内容は、〈伊藤が医師役? どうしてもキノコ事件を思い出さざるを得ない〉といったものがほとんどだ。

「キノコ事件とは、2001年に伊藤が当時まだ合法(現在は法律違反)だった薬物を食べ、救急搬送された騒動のこと。伊藤は服用により強い幻覚症状に襲われ、自宅近くのコンビニに駆け込み助けを求めたと報じられました。すでにあれから20年近くが経ち、その間、伊藤は『海猿』(フジテレビ系)をはじめ数々のヒット作に主演。汚名返上の活躍ぶりを見せてはいますが、今も、ひょんなことからネタにされてしまうほどの衝撃だったということでしょう」(芸能レポーター)

 そんな過去を今度こそ完全に払拭できるような見るものに衝撃を与える名演を期待したい。

アサ芸プラス

「伊藤英明」をもっと詳しく

「伊藤英明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ