Sexy Zone佐藤勝利、主演作公開に感慨 「ジャニーさんに撮ることは報告できていた」

11月5日(火)15時43分 エンタメOVO

高橋海人(左)と佐藤勝利

写真を拡大

 映画『ブラック校則』初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の佐藤勝利(Sexy Zone)、高橋海人(King & Prince)、モトーラ世理奈と菅原伸太郎監督が登壇した。

 本作は、生徒を必要以上に縛り付ける“ブラック校則”と戦う男子高校生の姿を描く青春物語。

 主演の佐藤は、鑑賞後の観客に「本気で面白かった、という人だけ拍手してもらっていいですか」と呼び掛け。盛大な拍手が送られると、ホッとした笑顔を見せた。

 佐藤は「分かりやすい映画でもないし、伝わるかすごく不安なところもあった。もう自分だけのものにしてもいいんじゃないかな、とも思っていたけど、公開してよかったです」と語った。

 さらに「ジャニー(喜多川)さんに、生前『この映画を撮る』という報告はできていて、でも『ユー、本当にやるの?』とずっと信じてもらえなかった」と、エピソードを披露。

 「公開前に亡くなっちゃいましたが、僕にとっては報告できた最後の作品。だからこそ大事な作品だし、世の中に響けばいいなと思います」とアピールした。

 高橋は本作が映画初出演。「映画館で『ブラック校則』のポスターとかを見ると、『俺、本当に映画に出るんだ』とうれしくなった。みんなにどう感じてもらえるのか不安もあったけれど、みんながパチパチ(拍手)してくれて安心しました」と、おちゃめにあいさつした。

 この日は、ブラック教師役の星田英利もサプライズ登壇。佐藤が「撮影の時は滅茶苦茶ブラックなことを言うけれど、裏ではめちゃくちゃ優しかった」とその印象を明かすと、星田も撮影時の2人の素顔を紹介した。

 佐藤に関しては「俺がお昼におにぎりを食べているとき、1冊本を持ってきて、ずっと卑弥呼の話をする。食が進まへん」とクレームを入れ、高橋については「学校ロケで夜のトイレに一人で行かれへんねん」と暴露して笑わせた。

エンタメOVO

「佐藤勝利」をもっと詳しく

「佐藤勝利」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ