ついに完熟の極みに!深田恭子 カレンダー写真で明らかになったボディの変化

11月6日(水)17時59分 アサ芸プラス

 女優の深田恭子が10月31日、インスタグラムで2020年カレンダーの写真を公開。あまりにも艶っぽすぎるとして反響を呼んでいる。

 公開されたのは2枚。1枚目はカレンダーの表紙と思われるショットで、濡れ髪の深キョンが白いタンクトップを着ている。タンクトップは水に濡れて体にぴったりと張り付き、ボディラインを浮かび上がらせている。2枚目はピンクのミニワンピで美脚をあらわにしているショットだ。

「注目を集めたのは1枚目。白のタンクトップが濡れて、彼女の柔肌が透けているんです。これはたまりません。しかも、胸元が大きく開いているので、Fカップ山脈が作り出す深い渓谷が見えている。素晴らしいとしか言いようがありません」(芸能ライター)

 そんな深キョンの最新ショットを見て、ボディの変化を指摘するのは、彼女を見続けてきた週刊誌記者だ。

「これまで深キョンの胸といえば、はちきれそうなほど張りがありました。胸の部分に風船を入れたような形だったんです。ところが今回の写真を見ると、そこまでの張りがなくなり、わずかに垂れているように感じます。こう言うとマイナスイメージを抱くかもしれませんが、むしろボディとしては進化した印象。おそらく胸の柔らかさは増しているはずです。37歳になり、完熟したと考えてよさそうです」(週刊誌記者)

 そんな深田恭子のカレンダーを買って、彼女と1年を過ごしてみるのも悪くなさそうだ。

アサ芸プラス

「カレンダー」をもっと詳しく

「カレンダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ