市川紗椰、メキシコで久々の“胸の渓谷”チラッと見せにファン大歓喜!

11月6日(水)17時59分 アサ芸プラス

 どうしてもいやらしいイメージが先行してしまっている!?

 タレントの市川紗椰が紀行バラエティ番組「アナザースカイII」(日本テレビ系)に出演したのは11月1日放送回。そのボディで男性視聴者を魅了した。

 タコスをはじめとするメキシコ料理が大好きという市川はメキシコを訪れ、本場のタコスを堪能。また、タコスの他にも、ウシの脳みそやマグロの燻製を食べると、「計算されたカオス」「傷を癒やしてくれる味」と食レポして、ボキャブラリーの豊富さを見せつけた。

 市川といえば、大学受験でコロンビア大学・シカゴ大学・ニューヨーク大学に合格するも、モデル業を優先させるために早稲田大学を選択した高学歴モデルとあって、今回の放送でも要所要所でその頭の良さが伝わってくる内容となっていた。

 ただ、際立っていたのはその頭脳だけではなかった。

「ロケ中は“胸の渓谷”がうっすらと見える衣装だったため、どうしても胸元に視線が行ってしまうという人が続出したようですね。15年放送の同じ番組では水着姿も披露しており、推定Fカップといわれる色白で豊かなバストの破壊力はすさまじく、『番組内容が入ってこない!』と視聴者の間で話題となっていましたね」(エンタメ誌ライター)

 そういった面では、前回ほど肌見せはなかったものの、視聴者からは「頭もいいし、スタイルもいいし、最強かよ」「この人、こんなに大きかったんだ」「欲を言えば、もっとサービスしてほしかったけど、ありがとうございます」「そりゃ、お偉いさんもほっとかないわな」などといった声が上がっていた。

「市川は17年8月にMCを務めていた報道番組『ユアタイム』(フジテレビ系)で共演していた局アナの野島卓アナとの半同棲が報じられましたが、直後に芸能関係の裏方の仕事をしている別の男性との“二股交際疑惑”が浮上し、翌月には番組を降板。本命と言われた芸能関係者の男性は大手芸能事務所の幹部で、メディアにも大きな影響力を持つ人物といわれています。報道以降も市川に様々な番組からの出演オファーがあったと聞きますが、本人がそれを断っていたそうで、すっかりその姿は見かけなくなっていました」(前出・エンタメ誌ライター)

 スキャンダル発覚から2年が経ち、いよいよ本格復帰か?

(田中康)

アサ芸プラス

「メキシコ」をもっと詳しく

「メキシコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ