ダルビッシュ料理で生み出した珍物体 カッチカチのあんこがいろいろ謎

11月6日(水)17時30分 J-CASTニュース

ダルビッシュ有投手(イラストはレンジャーズ所属時)

写真を拡大

「松ぼっくりかと思いました」

「蜂の巣かとまじで思ったんだが」

米大リーグ、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が2019年11月6日、ツイッターに料理画像を投稿し、ファンをざわつかせている。「料理にはわりと自信がある俺。包丁で手を切ったこともなければ、失敗したことすらほとんどない」とツイートで前置きしているが、今回初めての大失敗をしてしまったという。生み出した物の正体とは...。



「大失敗ってことは不味かったんですね」にズバリ一言


「これはあんこです。火傷させた張本人。カッチカチです」


ダルビッシュ投手曰く、画像内の「カチカチに固まっている茶色い豆」は、あんこだという。食べようとして唇をやけどしたと思われる自撮り写真もツイートに添えられている。



だが、あんこの写真だと言われてもピンと来ない人が多いようで、リプライ欄には冒頭の書き込みのほか、「和風グラノーラ」、「乾燥納豆かと思いましたw」など、別の食べ物に見えたという指摘をするファンや、



「どうしたら、このような『あんこ』が出来上がるのか不思議で仕方ない」

「そもそも何を作ろうとしたのか知りたいです」

「どうやったらそうなるの?逆にスゴイ」


と「カッチカチ」のあんこがどういう経緯で誕生したのかと興味をそそられている人もいた。



肝心の味はどのようだったのか。「あんこ?餡子ですか?あんこを揚げ...た??あんこを揚げるだけなら不味くなさそうなイメージですけど、大失敗ってことは不味かったんですね。。」とリプライで問いかけたファンに対し、ダルビッシュ投手は一言、こう答えていた。



「噛めない」

J-CASTニュース

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ