『GANTZ:O』、実は2部作だった!? そして梶裕貴がイベント初登壇なのに、壇上でほとんどしゃべれなかったワケとは……

11月6日(日)20時0分 おたぽる

『GANTZ:O』公式Twitter(@GANTZ_O_movie )より。

写真を拡大

 今年10月14日より公開、最初の週末映画興行成績(興行通信社)では6位にランクインするなど、存在感を見せたフル3DCGアニメーション『GANTZ:O』。

 奥浩哉によるマンガ『GANTZ』(集英社)の中でもとくに強い人気のある『大阪編』を映像化したもの。総監督には“タイバニ”こと『TIGER & BUNNY』の監督・さとうけいいち。監督には日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰を迎えているだけに、公開を楽しみに待つアニメファンも多く、公開後にはそのクオリティーにうなるようなコメントもネット上で見られた。

 そんな本作が10月29日、第29回「東京国際映画祭」内で一夜限りながら英語版を特別上映。その舞台挨拶には、吹き替え版声優を務めた河北麻友子や、日本語版で玄野計役の梶裕貴、川村監督らが登壇していたという。20代女性がその様子をこうレポートする。

「梶さんは、実は『GANTZ:O』のイベントでは初めての舞台あいさつに登壇したんです。けれど、東京国際映画祭の舞台挨拶って、すべてキャストが話をした後に英訳するのがルールみたいで、それに時間がとられて、『英語版の完成はうれしいです』というような、さわりの部分に終始してしまって……。せっかく、初めて出てきてくれたので、もう少し突っ込んだところまで話してほしかっただけに、ちょっと物足りない感じがしました」

 と、キャスト出演のパートは早足な感じで終わってしまったようだ。しかし、英語版終了後に行われた川村監督との“Q&A”コーナーは、裏話が連発したという。残って話を聞いていたという30代男性が語る。

「ギリシャから来たという方が、本作のレーティングがPG12だったということに『子ども向けかなと思っていたんですが、予想をいい意味で裏切られた』と感想を寄せたんです。たしかに、凄惨なシーンもある作品ですけど、川村監督はこのことに『もともとR15+くらいで行こうといっていたんです。でも、ちょっと暴力シーンを削るとPG12でもいけるということで、そういうエンターテインメントがあってもいいのかなって』と、少し方針を変えたと語っていましたね」

 観客たちの興味は尽きることなく、次から次へとさまざまな質問が上がったという。

「原作の奥先生の反応についての質問もありました。川村監督によると、映像化にあたって奥先生からは細かい指示はなく、ほぼお任せと自由にやれたそうで、逆に制作サイドからロボットの必殺技やXガンのリデザインをお願いしていたとか。奥先生は完成前から何度も映像を観ていたそうなんですけど、川村監督は『ずっと喜んでいただいて、それが心の支えになってました』と、話していました」(前出の30代男性)

 どうやら、原作者が後から出てきて、苦言を呈するということもなく、率直な反応が制作側のモチベーションにつながったよう。さらに、企画開始当初の構想も語られたそうで、「川村監督は、『もともとは東京編と大阪編を考えていたんです。でも、予算の都合で(苦笑)。それに奥先生のスケール感があまりにもあるので、押さえて』と、実は2部作構想というのがあったようですよ」(前出の30代男性)とも。

 これだけのクオリティーだけに作るのも尋常ではない労力がかかりそうだが、ファンとしては東京編も機会があれば観てみたいものだが……。

おたぽる

「GANTZ」をもっと詳しく

「GANTZ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ