浜野謙太、妻役の倉科カナにデレデレ 「生歌聞きたい」に「分かった…!」

11月6日(月)18時5分 エンタメOVO

(左から)佐藤隆太、粟野咲莉、浜野謙太、倉科カナ、安達祐実

写真を拡大

 NHKプレミアムドラマ「男の操」の試写会が6日、東京都内で行われ、出演者の浜野謙太倉科カナ、粟野咲莉、佐藤隆太、安達祐実が登場した。

 業田良家氏原作の同名漫画をドラマ化。妻に先立たれた売れない演歌歌手・五木みさお(浜野)が、一人娘あわれ(粟野)と、個性あふれる人々に囲まれ、夢に向けて奮闘する姿を描く。

 浜野は「キャストの皆さんの名前を聞いた時に“俺が主役をやっていいの?”って本当にびっくり仰天しました。すごいな。こんな人たちとできるのは幸せと思いながら、スタッフも熱くて、ゆっくりじっくりとお芝居をやらせてもらっている。この撮影が終わったら死んでもいいと思っているぐらい、この数カ月間幸せです」と語った。

 一方、倉科が演じるみさおの妻・純子は既に亡くなっているという設定。倉科は「2人に寂しい思いをさせないよう、また、私自身、忘れてほしくないというわがままな思いもあり、ビデオメッセージをたくさん残している役なのですが…。現場は、本当に孤独な闘いで、1人で延々と撮っているので寂しいのですが、2人の支えになれたらと思い、日々頑張っています」と笑顔でアピールした。

 そんな倉科は、以前、浜野の出演舞台を見て感動したという。「この作品のお話が来た時に、浜野さんが(主人公を)されると聞いてぴったりだなと思いました。私のせりふに『あなたの歌には真心がある。その真心をたくさんの人に伝えてほしい』というのがありますが、私は舞台を拝見していたので、本当に“パパ上”の歌をたくさんの人に届けてほしいと思ったし、純子としても、倉科カナとしても心の底からそのせりふが言えました」としみじみ語った。

 ただ、1人での撮影が続くため、みさおの持ち歌「男の操」を直接聞いたことはないという倉科は「早くパパ上の『男の操』を生で聞きたいです」とラブコール。これには浜野も「分かった…!」とデレデレな様子で、笑いを誘った。

 ドラマはBSプレミアムで12日、午後10時から毎週日曜日に放送。

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

浜野謙太をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ