杉野遥亮「甘えるより引っ張っていきたいタイプ」意外な一面告白、『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露

11月7日(木)20時25分 映画ランドNEWS

映画『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露試写会が7日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、杉野遥亮福原遥江野沢愛美江口のりこ、監督の朝倉加葉子が登壇した。


羊とオオカミの恋と殺人



1,000万ダウンロードを突破している漫画アプリ「マンガボックス」で閲覧数1位を独走したコミック「穴殺人」(作者:裸村)を、『羊とオオカミの恋と殺人』のタイトルで実写映画化。自殺志願の男の子×殺人鬼の美少女の異色カップルが贈るスプラッター・ラブコメディ。自殺志願の強い青年・黒須越郎役に杉野遥亮、殺人鬼の美少女・宮市莉央役に福原遥が扮する。


羊とオオカミの恋と殺人


映画初主演ということに「そこまで意識していなかった」と話す杉野。福原扮する宮市の部屋を覗くところから物語が展開されるが、MCから「ドキドキしましたか?」と聞かれ、「どう反応していいんだろ(笑)ドキドキは…しなかったです。誰もいないところを覗いていたので。実際にリアルな生活で覗いたらドキドキするんでしょう(笑)」と笑みをこぼした。


羊とオオカミの恋と殺人


今作で2度目の共演、現場では約1年ぶりの再会だったという杉野・福原の2人。「お互い人見知りなんです。すごく2人でいるシーンが多かったので、結構話し合いました。そういう時間を密に過ごせたのは大きかったなと思います」と杉野。撮影中に杉野が“膝立ち”のまま寝てしまったようで、「あれは“ほぼ気絶”なんですかね?よくわからなかった。(意識が)どっかいっちゃったみたいで。遥ちゃんに『起きて!本番だよ!』って言われました」と過酷な撮影を振り返った。


羊とオオカミの恋と殺人


イベントでは、「美少女なのに殺人鬼」という本作のヒロインにちなみ、キャスト陣が「意外な一面」について告白する一幕が。杉野は「普段からいろいろ検索をしていると『かわいい』って言われることが多いんです。自分で考え直した時に、『俺って本当は甘えるより引っ張っていきたいタイプだな…』と思ったんです。そう思っていただけたら嬉しいです!」とハニカミ、会場を沸かせた。


羊とオオカミの恋と殺人



福原は「優柔不断なんです、こう見えて(笑)買い物する時もご飯のメニューを選ぶ時も。悩みすぎて、そのご飯を食べている妄想をするんです。カレーならスプーンを実際に持って香るところから始める」とお茶目な一面をのぞかせた。



映画『羊とオオカミの恋と殺人』は11月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開


(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「殺人」をもっと詳しく

「殺人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ