【掟ポルシェの食尽族】第5回:「バリカタ」と「やわ」〜福岡のオリジナルすぎる麺文化~前編

11月7日(木)12時0分 耳マン

自称「食べもののことになると人格が変わる」ほど食に執心する“食尽族”でミュージシャンの掟ポルシェ(ロマンポルシェ。、ド・ロドロシテル)が、実際に食べてみて感動するほど美味しかったものや、はたまた頭にくるほどマズかったもの、食にまつわるエピソードについて綴る連載。読んで味わうグルメコラムがここに!


第5回:「バリカタ」と「やわ」〜福岡のオリジナルすぎる麺文化〜前編


福岡の人はとんこつラーメンよりうどんが好き!?

 ドォーモッ! 福岡の悪いところディスなら俺に任せろ! 逆・博多華丸・大吉こと掟ポルシェ(月半分は福岡西区在住)です! そういえばその昔現在の嫁と一緒に住み始めた頃、福岡の嫁の実家から送られてきたりんご醤油を、「醤油なのに甘酸っぱい! 腐ってる!」と開栓直後即排水溝へ全捨てして嫁に激怒されたのを急に思い出しました! フラッシュバック甘い醤油ショック! 醤油が甘くて心に傷!!
 ……あ、すみません気がつけばまた無意識に福岡の食ディスをしてしまってました。口に合わない食品について書くとついイキイキしてしまいますが、そういうのは初回&第2回で散々やったので、一旦封印するとして!

 で、今回は、福岡の麺類についてです。福岡県以外の方が思い浮かべる福岡の美味しい麺料理といえば、なんといってもとんこつラーメンですよね! これしかない! 豚の骨を豪快に割って強火でグラグラと炊き出した独特のスープにバリカタの細麺! 福岡の本場で本当に美味しいとんこつラーメンを食べてしまうと、日本で一番美味しい麺料理はこれではないかと思ってしまうほどです。
 ですが! 実際福岡に観光等でやってきて、地元の人に「福岡といえばやっぱりとんこつラーメンですよね!」と話した途端奴らの顔色がどんより曇り、お前はなんもわかっとらんばいとでも言いたげな表情で、こう言われることがあります。

 「福岡っちゅうたら、ラーメンじゃなくてうどんばい!」と。

 ……何言ってっかわかんないですよね? 福岡のラーメンを褒め称えたのに、福岡のうどんの美味さをわかってないお前は真の福岡の理解者ではないと返される恐怖。
 そうなんです。福岡の人は本当にうどんが好きなんです。ラーメンよりも全然うどんのほうを愛しています。ただ、福岡のうどんは、福岡のとんこつラーメン以上に独特で、故に人を選びます。その最たる特徴は、“うどんの麺が異常にやわらかい”ということ。出汁の効いた黄金色のスープは大変美味しいのですが、そこに入る麺はひと言でいうと「ビロビロ」。水気が多くひたすら消化に良さそうで、病人食には持ってこいです(結局今回も露骨な福岡食文化ディス)。
 福岡県民はあのフニャッフニャで腰のないやわやわうどんに何故か多大な誇りと愛着を持っています。“博多うどんは何故関門海峡を越えなかったのか”というその謎を追った書籍等も出版されているほどです。餅がビロビロになった雑煮の食感が子どもの頃から大の苦手である自分としましては、あのビロンビロンの福岡うどんを脳が変形雑煮として認識してしまいます。口に合わないことこの上なく、あのやわやわうどんを文化として誇る福岡の気質が今持ってまったく理解できません。(次ページへ)

  • 1
  • 2

掟ポルシェ

おきてぽるしぇ●1968年北海道生まれ。1997年、男気啓蒙ニューウェイヴバンド、ロマンポルシェ。のボーカル&説教担当としてデビュー、これまで『盗んだバイクで天城越え』ほか、8枚のCDをリリース。音楽活動のほかに男の曲がった価値観を力業で文章化したコラムも執筆し、雑誌連載も『TV Bros.』、『別冊少年チャンピオン』など多数。著書に『説教番長 どなりつけハンター』(文芸春秋社)、『男道コーチ屋稼業』(マガジン・ファイブ)、『出し逃げ』(おおかみ書房)、『男の!ヤバすぎバイト列伝』(リットーミュージック)がある。そのほか、俳優、声優、DJなど活動は多岐にわたるが、ここ数年はアイドル関連の仕事も多く、イベントの司会や楽曲のリミックスも手がける。

耳マン

「ポルシェ」をもっと詳しく

「ポルシェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ