“小なつ”粟野咲莉、『同期のサクラ』で相武紗季の一人娘役

11月6日(水)23時0分 マイナビニュース

子役の粟野咲莉が、13日に放送される日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜22:00〜)の第6話に登場する。

朝ドラ『なつぞら』(NHK)でヒロイン・なつの幼少期を演じて“小なつ”と話題になった粟野。今回演じるのは、相武紗季演じる火野すみれの一人娘・つくしだ。

第6話は、サクラたちが入社してから6年後の2014年が舞台。すみれは、シングルマザーとなっており、8歳の娘つくしの子育てと仕事との両立で非常に忙しい毎日を送っていた。つくしは8歳ながらも、非常に強い意志を持った活発な女の子で、事あるごとに、母親であるすみれに反発するという役柄。

女性として、仕事にも子育てにも奮闘するシングルマザーのすみれと、職場でペコペコしている母親を見て、「お母さんなんか大嫌い!」と母親に強く反発するつくし。その時、サクラたち同期は…。

マイナビニュース

「サクラ」をもっと詳しく

「サクラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ