加藤茶の45歳年下妻・加藤綾菜 芸能活動のきっかけは「カトちゃんの終活」

11月7日(木)9時41分 しらべぇ

加藤茶(画像は加藤茶公式ブログのスクリーンショット)

6日放送『ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください!〜』(テレビ東京系)にドリフターズ・加藤茶の45歳年下妻・加藤綾菜が登場。茶の終活事情について赤裸々に告白した。


◼加藤茶の終活

滝沢カレンと共に世の中にあるさまざまな問題について学んでいく同番組。この日は、死亡後に遺族に面倒をかけないよう準備する「終活」について、理解を深めていった。

年の差婚から「遺産目当て」とも揶揄された綾菜。司会のおぎやはぎ矢作兼から「ネットで『加藤茶さんを殺そうとしている』って(言われている)」とイジられた綾菜は「全然死んでないです。元気です」と笑顔をこぼす。

ここから昨今、芸能活動を本格化しているきっかけが「茶の終活」だと告白。茶に「『死んだ後、報道が来ても守ってくれる人がいないから事務所に入ったほうがいい』と勧められた」ことで、事務所に所属し芸能活動を本格化したと明かした。


関連記事:『しくじり先生』で終活の授業 オリラジ・中田「生きてることが奇跡」

◼茶の遺言書は?

残された遺族にとって、特に問題が起きがちなのが遺産相続。法律で定められたルールはあるものの、どうしても遺産の配分で揉めて骨肉の争いに発展しがちだ。そこで重要なのが故人の意向を記した遺言書になる。

遺言書の用意は死期を悟ってからでは遅く、元気なうちに書くべきと解説されると、周囲は綾菜に「茶さんに早めに書いてもらわないと」と助言。綾菜はすでに茶が「遺言を書いている」ことを明かす。

大病を患った茶が自発的に終活をはじめ、弁護士を通じて遺言書を用意していたことを告白したものの、「(無理やり書かせたと)疑っていると思うけど私が書かせたわけじゃない」とその部分だけは慌てて否定した。

◼視聴者は大満足

茶は現在76歳、まず間違いなく残されることになる綾菜だけに「終活」はタイムリーな話題となっている。

視聴者は「終活の回でキャスティングしてしかもちゃんとイジるの最高」「加藤茶&綾菜さん夫婦イジリがエグい」「遺産相続の話に加藤茶の嫁呼んでるのウケる」と綾菜の出演に大満足だったようだ。


◼2割強が「終活を考えている」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,477名を対象に調査したところ、全体の24.4%が「終活を考えているほうだ」と回答している。

男女年代別グラフ

残された遺族を大切に想うならば「終活」は必須だろう。芸能活動さえ勧めた茶が綾菜をどれほど大切に想っているかが「終活」を通じてあらわされている。


・合わせて読みたい→加藤綾菜が公開した「昔のカトちゃん」写真 菅田将暉似でかっこいい?


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日

対象:全国20代〜60代の男女1,477名(有効回答数)

しらべぇ

「加藤茶」をもっと詳しく

「加藤茶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ