笹崎里菜、ラグビーW杯で株を爆上げできたのは過去の“経験”のおかげ!?

11月8日(金)5時59分 アサ芸プラス

A 日本代表チームが予選リーグを勝ち抜いてベスト8入りを果たし、大盛り上がりで終了したラグビーワールドカップ。そんな中、女子アナで唯一、実況チーム入りをしていた日本テレビの笹崎里菜アナが、日本代表の「勝利の女神」だったと言われています。

B 17年2月から月曜のメインキャスターを務める「Oha!4 NEWS LIVE」内で“ラグビー愛”をアピールし、日テレ女子アナ屈指のラグビー通であることを上層部にも認めさせたのでしょうね。目の付けどころがよかったし、誰よりも先にアピールを始めていたことも奏功しました。

C ホステスとして働いていたという過去で一度は内定を取り消され、裁判での和解を経ての入社という異例の経緯で、当初、注目度だけは高かった彼女ですが、キャラの弱さと実力不足でなかなか仕事に恵まれませんでした。しかし今回、執念で一つの結果を出しましたね。

A ラグビーを猛勉強するうちにラグビー愛はホンモノとなり、それが伝わったのか、実際、ラグビー関係者からの評価は高かったようです。

C 彼女にはホステス経験で培ったオトコ転がしテクニックがありますからね。男社会のラグビー業界で存在感を示すのは難しいことではなかっただろうし、日テレ上層部にも寝技を効かせるのは難しいことではなかったのでは──なんて言ったら怒られるのかな(笑)。

B どうでしょう。むしろ、そのあたりの世渡りは、苦手なタイプに見えますけどね。得意であればキャラクターのアピールも上手かっただろうし、もっと前にいい仕事にありつけていたような気がします。

A 来年の東京五輪に向けては、早い段階からサーフィンにターゲットを絞って、日テレ公式のユーチューブチャンネル「サーフ☆ガール」で、ボディラインを丸出しにウェットスーツ姿で何度もサーフィン体験をしています。

C ラグビーのとき同様、彼女自身の企画提案で始めたことと伝わっています。今回の実績もありますし、五輪のサーフィンでも活躍の場が与えられるのでは。

〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:番組制作スタッフ、C:夕刊紙デスク〉

(露口正義)

アサ芸プラス

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ