【大人の激変ヘアメイク】 日本人的平面顔を 彫りの深いメリハリ顔に 見せる神テク

11月8日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

写真左:自分メイクのビフォア。写真右:眉下シェーディングテクやハイライトなどで、少しぼんやりしていた目元にぐっとメリハリが。

写真を拡大

 女性30代〜40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」。カジュアルな服を着るとパジャマに見えたり、スーツやワンピを着ると参観日のお母さんに見えたりして、なんだかちぐはぐな感じに…。


 実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。


 3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター−今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」から、大人女性を激変させる、目からウロコの髪型とメイクの法則をご紹介します。


眉下シェーディングはメリハリ顔になる神テク



 遠心的な顔の人に多いお悩みが、「平面的な日本人顔をなんとかしたい」というもの。遠心顔は可愛らしくて若見えするのですが、同時にどうしても間延びした印象になりがちです。でも大丈夫、ちょっとしたメイクテクで劇的に改善します。

 それがひとはけの眉下シェーディング。顔の上半分を立体的に見せるために、眉下と鼻根の内側に小さな三角形のシェーディングを入れるのです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「メイク」をもっと詳しく

「メイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ