貴乃花 長男のロミジュリ婚許した陰に宮沢りえ騒動のトラウマ

11月8日(水)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


「実は、結婚したんです。自分の恋愛なんて誰も注目しないだろうと思っていたら、さまざまなところで質問されるので……」


元横綱・貴乃花親方(45)の長男で靴職人の花田優一(22)が10月30日、自身の冠番組『花田優一 First Step』(TBSラジオ)で結婚を発表した。気になるお相手は、1歳年上の一般女性・A子さん(23)。


「彼女は大学時代、ミスコンに選出されたこともある美女。ご両親から厳しく育てられたようで、その礼儀正しさは周囲の友達が驚くほどでした。優一さんとは同じ学校の先輩後輩で、4年前に出会って交際を始めました。今春、A子さんの大学卒業を機に結婚の運びになったそうです」(A子さんの知人)


若い2人の幸せな結婚は、何一つ曇りのないものに見えるのだが——。本人も、「相手は一般人なので」と語るのみ。なぜここまで“箝口令”を敷いていたのか。


「その理由は、結婚相手であるA子さんの父親が元幕内力士の陣幕親方(57)だからではないかと言われています。しかも、陣幕親方は貴乃花親方のライバルである高砂一門の八角部屋に所属しています。昨年3月の理事長選では、貴乃花親方が八角親方(54)に敗れました」(前出・角界関係者)


貴乃花親方にとってA子さんは“宿敵の娘”。つまり2人は、現代の角界によみがえった『ロミオとジュリエット』だったのだ。この“ロミジュリ婚”に、貴乃花親方は猛反対かと思いきや——。


「それはないと思いますよ。そもそも優一くんは相撲界とはまったく違う世界で生きていますから関係ありません。立派な靴職人として独り立ちしている優一くんのことを、親方は一人前の大人として尊重しています。結婚についても、『素敵なお嬢さんと結婚してくれてよかった』と心底喜ばれていると聞いています」(前出・後援会関係者)


さらに、貴乃花親方が2人の結婚を認めた背景には“あるトラウマ”も深く関係しているという。


「振り返ってみれば、親方自身が結婚で辛い経験をしていますから。92年、宮沢りえさん(44)との婚約を大々的に発表したものの、記者会見後わずか2カ月で破局。スピード破局の理由はいまだに明らかになっていませんが、双方の母親が原因だったと言われています。りえママは芸能界を引退させたくなくて結婚に反対し、親方の母親である藤田紀子さん(70)は、そんな母親と結婚後も同居したいと主張したりえさんに苦言を呈したという当時の報道もありました」(前出・後援会関係者)


結ばれない恋を経験した貴乃花親方には、我が子に自分の二の舞を踏んでほしくないという思いがあったのだろう。


いっぽうの“ジュリエット側”は——。A子さんの父親である陣幕親方に話を聞こうと、本誌は千葉県にある自宅に向かった。11月上旬の朝10過ぎ、閑静な住宅街に佇む一軒家から自転車にまたがった大柄な男性が出てきた。陣幕親方本人だ。記者が「お嬢さんのご結婚、おめでとうございます!」と声をかけると、自転車を停めて取材に応じてくれた。


——親方から見て、優一さんはどんな方ですか?


「とっても素直で明るい、良い青年ですよ。彼は、だれにでも気遣いができますし」


嬉しそうに優一をベタ褒めする、陣幕親方。


——では、違う一門だからといって、結婚に反対されたなんてことはない?


「あはは、全くありませんよ。むしろ、最初から応援していたくらいですから」


——家族ぐるみのお付き合いもある?


「ええ、結婚式の時はもちろん、もう何度もお会いしていますよ」


実際に会ってみて、親方同士の“確執”がなかったのかどうかも改めて聞いた。


「私たちは、それとこれ(相撲とプライベート)とはまったく別個に考えてますんで。貴乃花親方とは、普通の話をしてますよ。たまに相撲の話になることもあるけどね(笑)」


“角界での遺恨”自体は否定しなかったものの、貴乃花親方とは良い関係が築けているようだ。最後に、男の子の孫ができたら力士を継がせたいか聞いてみると、「それだけは生まれてみなくちゃわかんないね(笑)」そう笑顔で答え、記者に会釈すると去って行った——。


対立していた両家は息子と娘の愛によって劇的に和解する。そして新しい時代が幕を開ける——それが角界版『ロミオとジュリエット』!?

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

貴乃花をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ