鈴木亮平がダイエット宣言!西郷どん打ち上げで見せた太っ腹

11月8日(木)6時0分 女性自身

10月30日、NHK大河ドラマ『西郷どん』の打ち上げが都内のホテルで行われた。



午後6時の開宴に合わせてキャストやスタッフが続々と会場入り。午後5時28分、演者で一番早く現れたのは西田敏行(71)。杖をつきながらもスタッフに囲まれてにこやかに歩く。西田の到着直後、サングラス姿の瑛太(35)が現れた。北川景子(32)、黒木華(28)、そして主役の西郷隆盛を演じた鈴木亮平(35)がタキシードを着こなして登場——。



「総勢約700人が出席する近年では最大規模の打ち上げでした。オープニングのVTRが流され、NHK・上田良一会長の挨拶。原作者の林真理子さん、脚本の中園ミホさんが続いて挨拶されました。乾杯の音頭は西田敏行さん。鏡開きの際は一同一斉に、ドラマでも頻繁に使われている『せごどんチェスト!』という掛け声で盛り上がりました」(出席者)



その後、主要キャストの挨拶となり、主演の鈴木が壇上へ。



「皆さんのおかげで1年3カ月の撮影が無事、終わりました。世間の“西郷隆盛像”に追いつけるか不安でしたが、精一杯やりました。皆さんとご一緒にお仕事できて、本当に良かったです」



午後9時前、一次会がお開きになり、鈴木は関係者と談笑しながらホテルのロビーに現れた。



わざわざタキシードのボタンをはずし、ワイシャツの上から周囲にお腹を見せ、笑いながらポンッとお腹を叩く。鈴木は体重が114kgあったといわれている巨漢の西郷を演じるにあたり、役作りで体重を大幅に増やしたのだ。



「すっかり太って腹出てる。ヤバいから今ダイエットしてて年末までには見られるようにします!」



こう話す鈴木は、豪快かつ人懐っこい“西郷どん”そのものの笑顔だった。

女性自身

「鈴木亮平」をもっと詳しく

「鈴木亮平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ