市川海老蔵が周囲に再婚を迫られる「裏事情」

11月6日(月)19時1分 まいじつ

歌舞伎俳優の市川海老蔵が11月5日に、自身のインスタグラムへ亡き妻である小林麻央さんの写真を投稿し、話題になっている。


【関連】 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係


「写真の整理をしました」と書き込まれた投稿には、赤ん坊だったころの長男の勸玄くんのほかに、生前まだ元気だった麻央さんの写真もあり、久しぶりに麻央さんに触れた投稿に対してファンからは《とても素敵な写真ですね》、《また、家族写真を見せて下さい》など多くのコメントが寄せられた。






海老蔵はなぜ、いまになって亡くなった麻央さんの写真をアップしたのか。


「本人は携帯電話変更時にLINEのアカウント移行がうまくいかず、データが消えてしまったので、これを機に画像整理をしていたと言っています。もちろんそのこと自体は本当の出来事でしょうが、一部の芸能メディア関係者からは『新恋人報道をかわすのが目的ではないか』といわれています」(芸能記者)



海老蔵には再婚しなければならない事情がある


10月31日発売の女性週刊誌上で、真央さんの姉、小林麻耶との再婚を勧める後援者に対して海老蔵が「実は付き合っている人がいます」と明かしたという報道があった。その後、海老蔵はすぐさまこれを否定したが、記事では実際に交際している恋人が誰なのかも明かされておらず、真相は藪の中だ。


「何度となく浮上する再婚報道に対して、海老蔵は自身のブログで《そんなに彼女いてほしいのですかね。マスコミは。彼女いたらいたで彼女いないならいないで、結婚したらしたで結婚しないならしないで》とその複雑な胸中を綴っています。本人からにしたら、『いいかげんにしてくれ』ということでしょう。インターネット上でもそんな報道に対する賛否両論が出ています」(同・記者)


もっとも、ただの“興味本位”で海老蔵の再婚相手がメディアで取り沙汰されているわけではない。海老蔵は近い将来、十三代目市川團十郎を襲名することが決まっており、その時期は2019年の父親の七回忌か、翌2020年の東京オリンピックに合わせてくることが濃厚だといわれている。襲名という一大イベントに妻が不在という状況は考えられず、周囲や後援者へ事前にお披露目し、了承を得るためには、時間的にもうかうかしていられないのが現実だ。


「一般的な感覚で言えば、麻央さんが死去してからあまり時間もたっておらず、再婚相手の話を持ち出すこと自体が不謹慎と思われます。しかし“梨園の妻”という観点から見れば、由緒ある成田屋の沽券(こけん)に関わっていますから、いつまでも過去に縛られている場合ではないということです」(舞台関係者)


麻央さんと将来の妻とのあいだで揺れ動く、海老蔵自身の心情が一番つらいのかもしれない。



まいじつ

「海老蔵」をもっと詳しく

「海老蔵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ