「見る」から「会う」へ 人気女優・吉川蓮のイベントに密着

11月8日(水)16時0分 NEWSポストセブン

「私に会いにきてくださいね」という吉川蓮

写真を拡大

 アイドル同様、セクシー女優も実際に会える時代になった。そのクオリティの高さで知られる「プレステージ」の専属女優の多くはDVD販売店でイベント活動を行なっている。店舗でDVDを購入すれば、2ショットの写真を撮ることもできるのだ。10月某日、東京都・秋葉原の店舗で行なわれた吉川蓮のイベントに密着。本人がイベントの流れを説明してくれた。


「DVDを1枚購入してくれた方にはサインと握手と写真撮影、2枚購入してくれた方には、さらに2ショット撮影もあります。私はサイン中にファンの方とお喋りできる時間がとても楽しくて好きですね。特にたくさんDVDを買ってくれた方との2ショット撮影は、感謝の気持ちを込めてます。腕に手を回したり、密着したりサービスしてます(笑い)」


 女優を目の前にして緊張してしまうファンもいるのでは?


「はい。私は緊張をほぐすために“どちらから来てくれたんですか?”って自分から話しかけますね。普段から私のツイッターを見て、その情報を元に話しかけてくれると愛されていると思えて嬉しいです。みなさん、ぜひ会いにきてください」


 イベントの流れは以下の通りだ。


(1)2人のファンと交互に撮影

 写真撮影は何枚撮っても可。デジカメと写メで同時連写するファンも。


(2)複数購入者は2ショットも

 ファンからのお触りはNGだが、女優自ら腕組みしてくれる場合も。


(3)好きなポーズを指定できる

 個人撮影の時は「投げキッスして」などリクエストにも応えてくれる。


(4)サイン中はお喋りできる

「“どんなセクシーワードを書いて欲しい?”とファンの方に質問したりしますよ」(吉川)


取材・文■河合桃子 撮影■津田ひろき


※週刊ポスト2017年11月17日号

NEWSポストセブン

女優をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ