佐藤健は髪にピーナッツがついててもイケメン 白石和彌監督「こんなにかっこいい人いるかな」

11月9日(土)16時0分 AbemaTIMES

 映画『ひとよ』の公開記念舞台挨拶が9日、TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、主演の佐藤健をはじめ、キャストの鈴木亮平松岡茉優MEGUMI佐々木蔵之介、そして白石和彌監督が登壇した。

 本作は、一夜にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に残酷な“家族の絆”や、言葉にできない“究極の愛”を問いかけるヒューマンドラマ。15年前の事件によって家族の岐路に立たされた、ひとりの母親とその子供たち三兄妹のその後を描く。三兄妹の次男・雄二を佐藤 健、長男・大樹を鈴木亮平、長女・園子を松岡茉優がそれぞれ演じた。

 舞台挨拶の中で、三兄妹のバトルシーンに話題が及ぶと、松岡はスナックで園子が雄二に怒りをぶつけるシーンの撮影秘話を披露。白石監督からの指示を受け、佐藤にピーナッツを投げつけた松岡だったが、何回目かのテイクで、佐藤の髪にピーナッツが引っかかってしまったのだそう。「ピーナッツNG」が出て撮り直したはずが、実際には佐藤の髪にピーナッツがついたテイクが使われており、そのことを松岡は疑問に思っていたようだ。

 「やっぱりピーナッツのが1番良かったんですね?」と問われると、白石監督は「ピーナツが付いているのが最高にかわいくて」としみじみ。「こんなにピーナッツつけてかっこいい人いるかなと思って、あのテイクを使いました」と、佐藤のイケメンぶりを褒めちぎった。

 鈴木が「結局ピーナッツやめようってなって、ピーナッツを取ったから、直後のカットからは付いていない」と話すと、佐藤は自分で取ったのだと明かし、「(ピーナッツが)埋め込まれていたので。けっこう痛かったですよ」と苦笑い。ちなみにそのピーナッツは、周りにザラメがコーティングされている、硬いタイプのものだったとのこと。

 佐藤から「痛かった」と言われた松岡だが、「私は投げたいとは言っていないです。監督が投げてくれって」と白石監督に責任転嫁。すると、佐藤は「僕も(佐々木)蔵之介さんにキックした時は、終わった瞬間に『すみません。大丈夫でした?』って。これが普通あるんだけど、ないのよ!(笑)」とぶっちゃけ、松岡は「言いませんでした!?」と大慌て。

 佐藤は「まったくないのよ!」と声を大にし、「むしろ怪訝そうな顔で戻って行かれて。本番終わっても怒ってた(笑)」と、松岡の熱の入りようを回想。松岡が「あのシーンは本当に許せなかったんですよ」と、佐藤演じる雄二への怒りが爆発していたのだと説明すると、佐藤が「すみませんでした」と、雄二役として謝罪する展開に。佐藤は「正直怖かったですよ、耳元で大声で怒られて(笑)」と、松岡の迫力に圧倒されていたことを明かした。

 また、舞台挨拶の最後には、登壇陣が「家族とは何か」を語る場面も。佐藤は「もちろん大切な存在です。それは揺るがない」と前置きしつつ、「僕は今30歳で、これから家族を築いていくという立場で捉えると、僕にとっては憧れかな。未知の存在でありながら、非常に憧れがあります」と、家庭を築くことへの強い憧れを口にしていた。

 映画『ひとよ』は全国公開中。

テキスト・写真:水野梨香

AbemaTIMES

「佐藤健」をもっと詳しく

「佐藤健」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ