櫻井翔『ベストアーティスト』11回連続総合司会 ラグビーメドレーも

11月9日(土)22時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・嵐の櫻井翔が、今年も日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2019』(27日19:00〜22:54)の総合司会を務めることが9日、発表された。

今回は「2019年を彩った豪華アーティストが大集結!」をテーマに、約40組のアーティストが登場。メドレーも豊富なラインナップを予定しており、日本中が熱気に沸いた「ラグビースペシャルメドレー」には、嵐、Little Glee Monster麻倉未稀が参加し、ラグビーを盛り上げた曲をメドレーで披露する。

11回連続で総合司会となる櫻井は「これだけ盛り上がったということもあり、今年はラグビーの年だったなと思います。冒頭のオープニングからラグビースペシャルメドレーから始まるので、今年を象徴する始まり方をするのかなと。また、(今後解禁になりますが)ベストアーティストならではの、ベストアーティストでしか見られないようなコラボレーションも楽しんでもらえたらうれしいです。あれだけのアーティストの皆さんのパフォーマンスを、一番近くで、生で見られるなんて、とても贅沢な時間で役得です(笑)。4時間はあっという間だと思いますので、例年通り、楽しみながら進行していきたいと思います」とコメント。

司会は、羽鳥慎一徳島えりかアナウンサーが務める。

櫻井は、大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』で白組司会、相葉雅紀はフジテレビ系『2019FNS歌謡祭』(12月4日・11日)の総合司会に起用されており、年末恒例の大型音楽特番で次々に嵐のメンバーが顔を務めることになる。

マイナビニュース

「アーティスト」をもっと詳しく

「アーティスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ