『チョコプラ』流行語大賞“落選”に疑問「落Tしました」

11月9日(土)19時2分 まいじつ


(C)まいじつ



11月7日、都内で『くら寿司・東京大学大学院 農学生命科学研究科 共同研究』が行われ、『南海キャンディーズしずちゃんと、『チョコレートプラネット』の2人(長田庄平、松尾駿)が出席した。


【関連】アキラ100%の妻にビックリ!日本に約10人の超エキスパートな人だったほか


この場で、「熟成まぐろ」の試食会をすると、しずちゃんは「めっちゃおいしい。味が濃い。しっかりしている」と大絶賛。松尾は「ほんTに、しっTり、本当においT。本当っていっちゃった(笑)。まぐろに深みがある気がします」と、流行中の〝TT兄弟〟ネタを入れつつコメントした。


 


「一発屋のテイでやっている」


この1年を振り返り「今年は、TT兄弟で売れました」と話す長田。しかし、残念ながら『2019ユーキャン新語・流行語大賞』ではノミネートすらされず。


これには「確実にいけると思っていたんですが。最後にラストスパートいけると思っていたんですが。ちょっと解せない」と長田は首を傾げ、松尾も「ちょっと、自信があったんですが、落T(落胆)しました」「選考委員の耳に届かなかったのかな。刺さらなかったんだと思います」と納得がいかない様子だった。


しかしこの落選を、「ちょっと熟成し過ぎたのかも。(やり始めたのが)去年の10月くらいからだったんで」とも分析する。


流行語になると一発屋になってしまうというジンクスもあるが、長田は「TT兄弟は、一発屋のテイでやっている」「当てて消える。今年いっぱいでしょうね。来年はヤバイでしょうね。新しいを生み出そうかな」と、次なるギャグへの意気込みを語っていた。


 


まいじつ

「流行語大賞」をもっと詳しく

「流行語大賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ