Mrs. GREEN APPLE大森元貴・髙野清宗が語る「18歳」

11月9日(土)17時0分 TOKYO FM+

Mrs. GREEN APPLEのボーカル、ギター・大森元貴とベース・髙野清宗が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。リスナーから届いたメッセージを紹介し、自身の18歳当時を振り返りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」11月6日(水)放送分)



【ミセス先生こんばんは! 私は11月1日にあった(慶應義塾大学)三田祭前夜祭の、ミセス先生のライブに行きました! 私はあの日が17歳最後の日でした。18歳になる区切りって、大人になるんだなって思って誕生日を迎えられることが嬉しい半面寂しいと思いました。キラキラした時間とか、大人じゃないからこそ苦労したこと、ミセス先生の曲に共鳴出来たことが私の青春でした。責任がのしかかってくるような気がして少し不安はありますが、これからもミセス先生の曲を聴いて頑張ろうと思います! お疲れ様でした!(18歳女性)】

大森:すごいですね。ありがとうございました。

髙野:ありがとうございます!

大森:誕生日だったってことで、おめでとうございました。

髙野:おめでとうございます。

大森:17〜18歳のころって覚えていますか? もう10年前。

髙野:10年前か〜……。

大森:いや、(髙野の)17〜18歳が10年前って、爆笑ですね!

髙野:高校2年生……18歳になるって、成人になるのと同じぐらい不思議なタイミングだったなって思うんですよね。20歳で成人になるじゃないですか? 18歳は、その前にもう一段階成長するタイミングなのかなって。気持ち的にね。

大森:確かに、社会的に学生じゃなくなる人も多いと思いますから。

髙野:そうだね。

大森:そういうのもあると思うんですけど。髙野はどうでしたか?

髙野:そうね〜……でも将来のこととか考えるタイミングでもあるし、自分自身にすごい問いかける時間というか。

大森:なるほど。うーん、そうね、なんか『ミセス先生の曲に共鳴出来たことが私の青春でした』って嬉しいね。

髙野:嬉しいね。

大森:僕も18歳って……意外と5年前になるわけです。

髙野:あ、意外ですね。

大森:意外ですよね。結構ちょっと前な気がしてた。

髙野:そうだね。だって僕と初めて会ったのが、まさに17〜18歳のときだしね。

大森:そうね。だからちょっと感慨深いですけど。ありがとうございます。三田祭にも来てくれてありがとうございました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月14日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

TOKYO FM+

「TOKYO FM」をもっと詳しく

「TOKYO FM」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ