豊島将之名人、逆転勝利で3連勝 史上4人目「竜王・名人」に王手/将棋・竜王戦七番勝負

11月10日(日)19時36分 AbemaTIMES

 将棋の竜王戦七番勝負第3局が11月9・10日に兵庫県神戸市の神戸ポートピアホテルで行われ、竜王初挑戦の豊島将之名人(29)が広瀬章人竜王(32)に157手で勝利し、同シリーズ3連勝とした。これで初の竜王獲得、さらに史上4人目となる「竜王・名人」に王手をかけた。

 第1、2局と連勝していた豊島名人は、先手番で迎えた第3局で終盤まで広瀬竜王に押され気味だったもの、最終盤で逆襲。鮮やかな逆転勝利で、一気の3連勝を果たした。対局後には「(封じ手あたりでは)何かうまい組み合わせがありそうな気はしたんですが、難しくて、はっきりうまく行く順は発見できなかったです。(3連勝に)次局以降も一局一局、頑張っていきたいと思います」と静かに語った。両者の通算対戦成績では、豊島名人の10勝8敗となった。

 現在8つあるタイトルのうち、序列では竜王が1位、名人が2位とされ、この2つを同時に保持する「竜王・名人」は過去に3人しかいない(谷川浩司九段、羽生善治九段、森内俊之九段)。3人とも永世名人の資格を有する名棋士で、次局で豊島名人が勝利すれば、大先輩たちと名を並べることになる。

 第4局は11月21・22日、山梨県甲府市の「常磐ホテル」で行われる。先手は広瀬竜王。
AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:豊島将之名人が一気に3連勝!「竜王・名人」に王手

AbemaTIMES

「豊島将之」をもっと詳しく

「豊島将之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ