出家女優・千眼美子が明かした出家後の「悩み」

11月10日(金)7時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



宗教法人『幸福の科学』へ出家した女優の清水富美加が、改名後の千眼美子の芸名で11月6日放送の『BAZOOKA!!!』(BSスカパー!)に出演し、出家後に初めてバラエティー番組でMCを務めた。


【関連】 清水富美加騒動にコメントして炎上した長井秀和の現在 ほか


番組は清水の持ち込んだ企画で、番組タイトルは『千眼美子の幸福のBAZOOKA!!! 全部、やっちゃうね』と、所属事務所を辞めて出家したときに出版した『千眼美子の全部、言っちゃうね。』にちなんだものだった。


通常の番組MCである小籔千豊がゲスト席に座って番組は進行。清水は「テレビは(出家後)9カ月くらい見ていないです。テレビを見ても全然いいのですが、わたしは見ないです。最初は傷ついちゃうから見なかったのですが…」と告白した。ほかには最近の悩みとして「マジ神」や「ありがとう」と気軽に言えていたのが、出家したいまとなっては「ちょっと前と重みが違う」と笑いを誘った。


出家騒動後にアンチファンが増え、「無駄絡みやウザ絡みを街でされることが…あっ、ウザいとか言っちゃダメですね。すみません、修行が足りなくて。最近、怖い人と接する機会が増えて。知らない男の人に肩をつかまれたりとか、バカにした感じでドキュン(DQN)の男の人に『LINE交換しよ』と絡まれることが増えまして…」と、一歩間違えれば恐怖体験になりそうなことまで話した。


しかし、「ディスられることが多くなって…。どうやったら言葉を駆使して切り返せるかなと思って」とラップにはまっていると話すなど、軽快なトークで番組を沸かせていた。


そして清水は、番組収録を楽しんだようで、放送日にツイッターを更新している。




さらに、ブログも更新し、新しい芸能界の仕事があることを示唆している。



《本番は1回で1時間だけど そこに至るまでは 本当に大変なんだなぁと実感しました。お仕事ひとつひとつ決めるのも 相当、大変なことなんだなぁと実感しました。多分、今だからこそ気付けること 実感として分かること そして深まること いーーーーっぱい、ある。これからもそうしていきたいです。増やしていきたい。超原点回帰でした。》


《最近はお芝居をしていても、原点回帰的なことが沢山あって 「もっと沢山の事を意識していたな」 「もっとこんな準備をしていたな」 「まだまだ未熟者だな」と、猛省しております。本当に難しいよ。悔しいよ。でも、重なってくるけど 今でないと分からないことが沢山沢山あって 「今からまた、新たにどう目指していくか」って 闘志を絶やさずにいたい。》



また、翌8日にはツイッターで、出家前に出演した映画『笑うまねき猫』の宣伝投稿をし、出家前の生活を懐かしんでいる様子も見せた。




しかし、騒動を起こしてからは、芸能活動は幸福の科学に関連した仕事だけ。清水が望むような映画やドラマの出演は難しい状況だ。はたして清水はブログに書いたように、新たに芝居の仕事に原点回帰できるだろうか。



まいじつ

「千眼美子」をもっと詳しく

「千眼美子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ