潮田玲子がプロポーズ秘話披露「ベッドにバラの花びらが…」 夫・増嶋「恥ずかしくて言いたくない」

11月10日(日)21時28分 スポーツニッポン

潮田玲子

写真を拡大

 元バドミントン日本代表の潮田玲子(36)と夫のサッカーJ2千葉の増嶋竜也(34)が10日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に腕を組んで登場、7年前のプロポーズ秘話を打ち明けた。

 潮田は2012年のロンドン五輪に混合ダブルスで出場。同年5月に出場が決まったとき、交際していた増嶋から「一番最初にお祝いしたい」とホテルの食事に誘われた。

 その日、体調がすぐれなかった潮田が「あすも練習だから…」と食後すぐに帰ろうとしたが、増嶋は「15分だけでも」と粘った。

 部屋にチェックインすると、キャンドルの明かりに灯されたベッドには一面、バラの花びらが。さらに、風呂の浴槽にも五輪マークを描いたバラが浮かんでいたという。驚く潮田に向かって増嶋は指輪を差し出し、「結婚してください」とプロポーズしたという。

 再現VTRを見た増嶋は「あそこまでじゃないけど…」と口をとがらさせたが、潮田は「花びらはありましたね。お風呂にも…」とあっさり認めた。さらに、MCの「ダウンタウン浜田雅功(56)から「ああいう感じの用意をしていたわけでしょ」とツッコまれると、「恥ずかしくて言いたくない」と照れていた。

 プロポーズを受けた潮田はなぜかその日、返事をしてなかった。後日、増嶋から「ねえ、返事は?」と聞かれ、「指輪をもらって帰ってんだから結婚するに決まってんじゃん」と答えたという。

スポーツニッポン

「潮田玲子」をもっと詳しく

「潮田玲子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ