千鳥“終わらせ屋”説をさんまがいじる 大悟は「今でも…」

11月10日(金)11時10分 Techinsight

『キングちゃん』でMCを務めた千鳥(画像は『千鳥スタッフ【公式】 2017年6月19日付Instagram「こんにちわ」』のスクリーンショット)

写真を拡大

お笑いコンビ・千鳥が11月8日放送のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演した。スタジオに登場するや拍手で迎えられる2人に「ビッグやな」と感心するさんまだったが、それに続けて「千鳥を出すと番組が終わるというジンクスがある」と言い出した。

千鳥の2人は「それを言わないでください!」と慌て、ノブが「3、4年前のことですよ」とレギュラー陣や観客に説明する。しかし大悟はジンクスを否定するどころか「今でも気を抜いたら終わりますよ!」と脅してノブにどつかれていた。

遡れば、2015年12月10日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に千鳥が出演した時のことだ。MCの宮迫博之(雨上がり決死隊)が千鳥について業界で「終わらせ屋本舗」と呼ばれていることを明かした。「それはアカン」とツッコミながら、ノブは終了した出演番組を『ピカルの定理』、『笑神様は突然に…』など4つ挙げて「とりあえず4本終わらせておきました」と言うのだった。

実は千鳥がMCを務めた『NEO決戦バラエティ キングちゃん』(テレビ東京)も第2期が今年の4月にスタートしながら6月に惜しまれつつ最終回を迎えている。偶然なのだろうが、千鳥としてもこれまで終了した番組を真面目に分析されるのは怖いのではないか。

画像は『千鳥スタッフ【公式】 2017年6月19日付Instagram「こんにちわ」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

千鳥をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ