加藤浩次、炎上系女子大生にガチギレし過ぎて突き放す「俺を利用しようとしてるから、一切怒りません」

11月11日(月)11時0分 AbemaTIMES

 11月10日、AbemaTVにて極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱が司会を務める『極楽とんぼのタイムリミット』#7が放送。“炎上系女子大生”入澤優が奔放すぎる発言を繰り返し、加藤をキレさせる場面があった。

 #7の企画は「告白にタイムリミット!21時までに恋人を作ろう!!第3弾」。入澤、芸人・ゆーびーむ☆、芸人・八幡カオルの3人が、今恋している相手(制限時間内なら何人でもOK)に告白して、この日の21時までにカップル成立を本気で目指した。

 入澤は「4人に告白して、全員からOKもらい、その中から選ぶ」と当企画の趣旨をガン無視。しかし1人目が恋愛を真剣に考えている男性だったため、「(入澤との)将来のイメージが湧かない」「軽い」と言われ、開幕から撃沈してしまった。

 入澤の告白2人目・Sさんは、年齢50〜60代。スキンヘッドの“ナニワ金融道顔”だが、優しくしてくれるギャップが魅力なのだそう。入澤は彼を好きな理由を、「センチュリー(車種)に乗っていて、4時間半かけて愛知から迎えに来てくれる」と説明。加藤は信じられないといった表情で、「あなた、利用しているだけじゃないの」「ロクでもないね」とバッサリ。話を聞いていたタレント・南明奈も、「ちょっと何なのかな、入澤さんは……」と、次第に表情を曇らせた。

 加藤から「あなたの恋愛は、自分に何かをくれる人じゃないと無理なんだね」「相手に何かを与えようとしないんだね」と聞かれると、入澤は返せるものを「若さと笑顔です」と無邪気に答え、加藤はますます呆れ顔を浮かべた。

 いよいよ2人目の告白タイムへ。入澤と2ショットになったSさんは、入澤が好意をほのめかすと、「年齢差が親子ほどあるから」「せっかく(入澤の仕事が)これからというときだから」「付き合いたいとかいう感じではない」と回答。入澤は「女の子として見てるとかじゃないってことね」と一人でつぶやいた。

 遠くから会話を聞いていた加藤は「彼女は人の話を聞かないね」「勝手に自分で納得してる。自己完結だな」とコメント。Sさんは入澤から「女の子として見てほしいって思っちゃった」「付き合ってほしいなって」とあらためて告白されると、「自分で『テレビ出たい』『売れたい』とか言ってたじゃん。ここからだよ」「せっかく見えてきたのに、おっさんに告白している場合じゃないよ」と励ました。

 2人の元にやって来てネタバラシをした加藤は「これはSさんの善意よ。わかります?」と入澤に説教。入澤は「結構しんどいです」「悲しかった」「私はまだ女の子として見られてないんだなって」と自分の気持ちばかり口にし、加藤は「そういうことじゃないんです」とイライラ。加藤がSさんの愛情について諭しても、入澤には全く響かなかったようだ。

 ロケバスに戻った加藤は「あなたは人に認められたい願望が強すぎるんだね。でも、頑張ってることを自分で認めようよ」と優しい言葉で訴えるが、入澤は「次から頑張ります」と、もはや告白成功しか頭にない模様。加藤は「ダメか……」と苦笑いを浮かべ、「怒りませんよ。怒ることであなたは俺を利用しようとする」と突き放した。

 南は、入澤が告白相手について「50〜60代」「40代」などと漠然とした情報でしか知らないことに違和感を持っていたそうで、「相手のことを知ろうと思わないのかなって」「本当に好きだったら、その人のことを知りたいってなるはず。趣味を聞いたりしないのかな」と疑問を口にした。

 加藤、南の話を聞いた入澤は、なんと3人目の相手を「好きじゃないと思う」と言い出し、告白をキャンセルする事態に。

 入澤はいま27歳。さまざまな人の想いを受けて、幸せな未来を掴んでもらいたい。
 

▶︎動画:加藤浩次、炎上系女子大生にガチ説教

AbemaTIMES

「加藤浩次」をもっと詳しく

「加藤浩次」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ