岡田健史が告白からのキス!?『フォローされたら終わり』胸キュン展開に視聴者大興奮

11月11日(月)10時20分 AbemaTIMES

 11月10日、AbemaTVオリジナル連続ドラマ『フォローされたら終わり』#5と#6が放送され、壮太郎(岡田健史)の告白シーンが話題になっている。

 『フォローされたら終わり』は、とある行動がきっかけで秘密にしてきたすべてが丸裸にされてしまう超絶危険な“SNSサスペンスドラマ”。2018 年の『中学聖日記』(TBS系)で鮮烈なデビューを飾り、いま最も勢いがある俳優、岡田健史が本作で連続ドラマ初主演を務める。

 壮太郎(岡田健史)の高校時代の文化祭実行委員メンバー、通称「元2-3 青高いつめん」は、卒業して社会人となった今でも度々集まる仲良しグループ。壮太郎、新藤(犬飼貴丈)、太陽(ゆうたろう)のシェアハウスに集合していた彼らは、“フォローされたら100万円もらうことができる”と話題のSNSアカウント「百万円社長」をフォローし、自分に100万円当選の知らせがくることを心待ちにしていた。しかし、「百万円社長」にフォローされた純子(松田るか)とゆま(小川紗良)は、100万円をもらえるどころか、SNSにより様々な事件に巻き込まれてしまい、“いつめん”の仲に不穏な空気が漂いはじめるのだった。

 自身の結婚式で殺身自殺を図ろうとして意識不明になっていた純子が目を覚まし、純子に駆け寄る姿が「美しすぎる」と拡散して有名人になってしまったゆまの熱りも冷め、普段の生活を取り戻そうとしていた“いつめん”メンバーたち。しかし、ふたりに続いて今度は太陽が「百万円社長」のターゲットとなり、“いつめん”は再びバラバラになりつつあった。

 そんなある日、壮太郎が純子のお見舞いにいくと、純子は学生時代から変わらない壮太郎の態度に対して想いを語る。お互い思い合っている壮太郎とゆまがうまくいくようにと、「(二人が付き合うきっかけになった)壮太郎が看板作りで頑張りすぎて倒れたとき、看病して助けたの純子じゃないの」と文化祭の準備で倒れた壮太郎を看病したのは自分ではなくゆまであることをそれとなく伝え、「壮太郎が今会いに行くべきなのは純子じゃないでしょ?」と背中を押した。

 純子に背中を押された壮太郎は、ゆまのもとへ。そして、「今じゃないのはわかってる。けど、今どうしても言いたい。俺がそばにいたいのは、ゆまちゃんだから。俺、ゆまちゃんが好きです」と告白。ゆまも「わたしも壮太郎くんがずっと好きです」と返事をし、ふたりは両思いとなった。

 さらに、汚れてしまった壮太郎のおでこを拭いてあげるゆまに、壮太郎は看病してくれた相手がゆまであると確信。「俺、ゆまちゃんのことずっと好きだったかもしれない…」とゆまに顔を近づけていった。

 壮太郎とゆまが両思いになり、キス寸前シーンでのラストに視聴者は歓喜。「最後のキスしそうなシーンで内容全部吹っ飛んだー」「気になりすぎるー!!」「壮太郎が素敵過ぎて」「健史くんいい表情 とてつもなくセクシー」「お願いキスは、やめて欲しい!! 犯人よりなによりキス!!キッスが私は耐えられない」「青春か」「ゆまくっそ可愛い」「ニヤニヤが止まらん」などのコメントが寄せられた。
 

▶︎動画:『フォローされたら終わり』#6

AbemaTIMES

「岡田健史」をもっと詳しく

「岡田健史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ