岡村隆史、赤穂浪士衣装で浅野内匠頭のお墓参り “聖地”泉岳寺の思い出は「空き巣に入られた」

11月11日(月)14時15分 オリコン

赤穂浪士衣装で浅野内匠頭のお墓参りを行ったナインティナイン・岡村隆史 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の堤真一、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が11日、東京・品川の泉岳寺で映画『決算!忠臣蔵』(22日公開)の公開直前イベントに参加。赤穂四十七義士の墓所があり、忠臣蔵の聖地とも呼ばれる同所でヒット祈願を行った。

 討ち入り衣装で登場した2人。この日は大ヒット祈願を行った後に、浅野内匠頭のお墓参りと墓前でご祈祷した。岡村は「ムービースターの岡村隆史です。きょうも、このようなヒット祈願のイベントで、このような衣装を着せていただいて身の引き締まる思いです」と緊張の面持ちであいさつ。一方の堤は「今まで、大石内蔵助のイメージとは全く違う。この格好して内蔵助さんのお墓の前に立ったとき、心の中でつぶやいた言葉は『申し訳ございませんでした』でした」と苦笑いし「きょう、いっぱい写真を撮られると思うんですけど、この辺に(大石内蔵助が)いたら教えてください」と報道陣にお願いしていた。

 岡村は忠臣蔵ならではの衣装について「言えない部分もある。身の引き締まる思いです」と繰り返すばかり。本格的な装束で泉岳寺を訪れる人は少ないそうで、堤は「恐れ多いですもん、実際。引き締まるより、縮こまる思いです」と恐縮していた。

 また、泉岳寺での思い出について語ることになり、岡村は「実は泉岳寺に住んでいたことがございました。すごく近かった」と振り返るが、お寺を訪れるのは初めてだそう。「泉岳寺で覚えているのは、そのときに空き巣に入られた」と驚きのエピソードを口にし「最上階やったんですけど、何も盗られなかったんです。そのとき高倉健さんからいただいたお手紙を置いてあって、たぶん空き巣の方が手紙を読んで『これはただ事ではない』と何も盗らずに帰ったのでは」と懐かしんでいた

 「何も盗られない伝説の泉岳寺でございます」と話した岡村だったが、映画とは無関係のトークを謝罪。ただ、中村義洋監督が高倉健さんが大石内蔵助を演じたことがあると助言すると岡村は「そのパワーで…」と無理やりこじつけていた。

 公開は来週末。「同時に、なかなか強めの海外の映画がある。そちらは混むことが予想される。そちらは後から脚を運んで、まずは『決算!忠臣蔵』を。アニメ的なヤツは…」と『アナと雪の女王2』の宣伝をしてしまい、堤から「もうエエわ!」とツッコまれていた。

 原作は東大教授・山本博文氏による新書『「忠臣蔵」の決算書』で、内蔵助が残した決算書をもとに討ち入り計画の実像を記した作品。堤が内蔵助、岡村が内蔵助を支えた勘定方・矢頭長助を演じ、“予算”と“関西弁”を切り口にした史上初の忠臣蔵が描かれる。

オリコン

「岡村隆史」をもっと詳しく

「岡村隆史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ