井上尚弥『週プレ』10年ぶり男性表紙に 創刊53年で松本人志・中村俊輔に続く3人目

11月11日(月)5時0分 オリコン

『週刊プレイボーイ』47号の表紙を飾った井上尚弥(C)伊藤彰紀/週刊プレイボーイ

写真を拡大

 6日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで優勝した井上尚弥選手(26)が、11日発売の『週刊プレイボーイ』47号(集英社)の表紙に登場。10年ぶりに男性として同誌の表紙を飾った。

 グラビア雑誌として、旬の女優やアイドルが飾っているが、創刊53年の歴史で男性が表紙を飾ったのは、ダウンタウン松本人志、サッカー日本代表(当時)の中村俊輔選手についで、井上選手が3人目の快挙となった。

 表紙のほか、約1年にわたり井上選手に独占密着してきた同誌だから撮影できた、決戦直前特訓のフォトドキュメントや、WBSS決勝のノニト・ドネア戦のプレイバックなども掲載。さらに試合前最後の単独インタビューでは、「掲載は試合後」ということで、「これまでの道のり」のすべて、ドネアへの思い、「試合後の自分から今の自分に伝えたいこと」、直前に負った負傷のことなどを語り尽くした。

 同号にはそのほか、沢口愛華、馬場ふみか、田中真琴、矢倉楓子などが登場する。

オリコン

「井上尚弥」をもっと詳しく

「井上尚弥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ