マイリー・サイラス、声帯の手術を受けていた! アルバムリリースへの影響は…?

11月11日(月)9時20分 tvgroove

マイリー・サイラス

人気歌手/女優のマイリー・サイラス(26)が、扁桃炎を治すため声帯の手術を受け、しばらく声を休ませることがわかった。米ピープル誌などが伝えている。

報道によると、米時間11月9日、マイリー・サイラスは声帯手術を行い退院。手術は問題なく、順調に回復しているという。

米ピープル誌によると、先月、医師がマイリーの扁桃炎を治療する際、長年抱えていたという声帯の損傷を発見したという。マイリーは年末にはまた手術をしなければいけないようで、回復のため数週間は声帯を休める必要があるという。

マイリーといえば、今年5月31日に、前作の「Younger Now」以来約2年ぶりとなる新作「She Is Coming」をリリース。そして11月23日には新アルバム「She Is Miley Cyrus」をリリースすることを発表したばかり。関係者は「マイリーは新アルバムをリリースする予定ですが、予想よりも時間がかかっています。最近受けたのどの手術も影響していますね」と明かしたという。

マイリーが直近で最後に行ったコンサートは、ラスベガスで開催された「iHeartRadio Music Festival」で、アルバムリリース後もパフォーマンスを行う可能性が大いにあるが、しばらくは声帯の回復を最優先とするため、ステージはしばらくないかもしれない。

また、現在オーストラリア出身の歌手コーディー・シンプソンと交際中であるマイリー。関係者は「コーディーは病院で彼女のそばにずっといましたよ。一緒に休み、そして映画を見ています」と、コーディーが献身的にマイリーのことを支えていることも明らかにした。

tvgroove

「マイリー・サイラス」をもっと詳しく

「マイリー・サイラス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ