X JAPANの「Forever Love」、館山駅の発車メロディーに

11月11日(月)6時20分 読売新聞

「X JAPAN」の発車メロディーにちなみ「X」のポーズをとる鈴木康彦駅長(右)と金丸謙一・千葉県館山市長(9日、館山市のJR館山駅で)

写真を拡大

 千葉県館山市のJR館山駅で9日、開業100周年を記念したイベントが開催され、発車メロディーがロックバンド「X JAPAN」のリーダーで同市出身のYOSHIKIさんが作曲した「Forever Love」に変更された。

 これまで同駅で採用されていた南房総地域ゆかりの童謡「浜千鳥」のメロディーは始発から変更。今後は新たなメロディーを楽しめる。

 同駅は1919年に安房北条駅として開業し、海水浴客など大勢の観光客らが利用。戦後の46年に館山駅に改称された。87年制定の総合保養地域整備法(リゾート法)をきっかけに駅西側に南欧風の街並み作りが進められ、99年にはアンダルシア風の現在の駅舎が完成した。

 記念イベントでは、JR東日本千葉支社のマスコットや市のマスコット「ダッペエ」との記念撮影などを来場者が楽しんでいた。

 鈴木康彦駅長(58)は「地元や首都圏の人たちに愛されて100周年を迎え、感慨深い。被災した観光地を元気づけるためにも駅を利用し、発車メロディーを聴きに来てほしい」と話していた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「X JAPAN」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ