だいたひかる、ブックカバーを付けてもらう本を紹介「誤解されないように...」

11月12日(火)19時42分 AbemaTIMES

だいたひかる公式ブログよりスクリーンショット

 お笑いタレントのだいたひかるが11日、自身のアメブロを更新。ブックカバーを付けてもらうという本を紹介した。

 だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

 この日だいたは、「ブックカバーをする理由」というタイトルでブログを更新。「絵本の100万回生きたねこの著者で有名な、佐野洋子さんの本を読んでいるのですが…題名で誤解されないように…ブックカバーを付けてもらいます」と、絵本作家でエッセイストの佐野洋子さんの本にブックカバーをつけていることを明かした。

 佐野さんについて「乳がんの手術の次の日に、家にタバコを吸いに帰ったり、病院やタクシーが禁煙だから、ジャガー購入したりしたファンキーな乳がんの先輩で…」と紹介。「電車や喫茶店や、ましてや病院などで、読んだら誤解されそうなので…」と理由を述べ、「題名も中々パンチがきいていて「死ぬ気まんまん」とか…いま読んでいるのは「がんばりません」(内容はネガティヴではないですよ!)」と今読んでいる本を紹介した。
 

▶︎動画:「はしりたい」治療法のない難病とたたかう少年の夢

AbemaTIMES

「だいたひかる」をもっと詳しく

「だいたひかる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ