『大ダーク』コミックス1巻発売 『まじっく快斗』参考にしたカバー付録が連載誌に

11月12日(火)0時0分 オリコン

『大ダーク』コミックス第1巻

写真を拡大

 『ドロヘドロ』で知られる作者・林田球氏の漫画『大ダーク』のコミックス第1巻が12日、発売された。あわせて、連載誌『ゲッサン』(小学館)12月号の表紙と巻頭カラーを飾った。

 宇宙を舞台にした同作は、悪事を重ねる悪党たちの宇宙船に、突然謎の男が現れるストーリー。彼の名はザハ=サンコ、14歳。「闇のニーモツ」、「闇の皮」を持ち、彼の「骨」を手に入れた者はあらゆる望みが叶うということで、思わぬお宝を手に入れたマフィアのボスの高笑いが響くが…。

 発売された同誌では、コミックス1巻とはまったく異なるコンセプトで作られた別カバーの付録が。カバーの制作について担当編集者は「11月12日に発売する『大ダーク』1巻のカバーコンセプトの参考に、今売れているコミックスを見に行こう!といって林田先生と都内の大型書店に訪れた8月某日。色々と悩んだ末に林田先生が手に取ったのはなんと『まじっく快斗』のコミックスでした…」と『名探偵コナン』作者・青山剛昌氏の作品を選んだと説明。

 しかし「紆余曲折ありまして、出来上がった『大ダーク』1巻は結局全く違ったものになりました」と明かしながら「ゲッサン12月号ふろくのアナザーカバーは『クラシカルでノスタルジーを感じる1冊にしたい』という林田先生の初期コンセプトが結実した珠玉の品です!!」と貴重な別カバーとなっていると伝えた。

オリコン

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ