14日に行う大嘗祭 日本神話に見る天皇「第一の役割」とは

11月12日(火)16時0分 NEWSポストセブン

前回の大嘗祭。白い祭服姿の上皇陛下が菅笠をさしかけられ悠紀殿に向かわれる(時事通信フォト)

写真を拡大

 10月22日の即位礼正殿の儀、11月10日の祝賀御列の儀に続き、皇位継承に伴う一世に一度の重要な祭礼「大嘗祭」が11月14日に執り行なわれる。古事記や日本書紀に関する著書が多い歴史作家の島崎晋氏が、古代から続く大嘗祭から、日本神話について考察する。


 * * *

 来たる11月14日の夕方から夜を徹して大嘗祭が実施される。大嘗祭とは新天皇が即位して最初に行なう収穫祭で、天皇の祭祀のなかでもっとも重視されてきたもの。毎年行なわれる新嘗祭同様、新穀を捧げて神に感謝するとともに翌年の豊穣を祈る。


『古事記』『日本書紀』にも記述があるくらいだから、その歴史は非常に古い。大嘗祭、新嘗祭とも1873年までは旧暦11月の第2卯の日に行なわれ、新暦が採用されて以降、新嘗祭は11月23日に固定化されたが、大嘗祭については大正以降も11月の第2卯の日に実施されている。


 天皇に課せられた一番の役割は、五穀豊穣への感謝と祈りにある──おそらくそれが原初の姿で、君主としての役割はそれに付随した二次的なものであったと思われる。


 天皇が「五穀豊穣を祈る祭祀の長」であったことの痕跡は、日本神話における天孫降臨から神武天皇の登場に至る地名や神名からもうかがうことができる。神名の表記は『古事記』と『日本書紀』で異なるが、『古事記』がメジャーになったのは江戸時代に本居宣長(1730〜1801)が『古事記伝』を世に出して以降なので、ここでは日本全国の神社がそうしているように、『日本書紀』にある漢字表記で統一し、ストーリーについても『日本書紀』に従うとしよう。少々読みにくい感じと早口言葉のような読み方が続くが、その漢字にこそ「天皇の一番の役割」が潜んでいるので、お付き合いいただきたい。


 天上界に高天原(たかまがはら)という天神(あまつかみ。天津神とも)の世界があるように、地上には地祇(ちぎ=地上の神。国津神(くにつかみ)とも)の暮らす葦原中国(あしはらのなかつくに)という世界があった。高天原の最高神である天照大神は実子の正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあまのおしのみみのみこと)と同じく最高神である高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の娘との間に生まれた天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)を降臨させることに決め、降臨した地は日向の高千穂峯だった。


 天津彦彦火瓊瓊杵尊は山の神である大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘を娶り、3人の子をもうけるが、そのなかで真ん中の子が昔話では山幸彦の名で知られる彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)で、彼は海神(わたつみ)の娘とのあいだに一男をもうけ、この男子は海神の別の娘を娶り、4人の男子をもうけた。その名は上から五瀬命(いつせのみこと)、稲飯命(いなひのみこと)、三毛入野命(みけののみこと)、狭野尊(さののみこと)といい、この末子の狭野尊こそがのちの神武天皇であった。


 順を追ってみていくと、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊の「穂」は稲穂の「ホ」、天津彦彦火瓊瓊杵尊の「火」も同じく稲穂の「ホ」を表わし、高千穂は高く積み上げられたたくさんの稲穂の山を意味している。日向も太陽の昇る東方に開けた地を意味する言葉にすぎず、日向も高千穂も単に土地の様子を表わすのみの言葉で、特定の地名ではない。


 彦火火出見尊の「火」もやはり稲穂の「ホ」で、狭野尊の「狭」は聖なる稲を意味する「サ」、五瀬命の「瀬」は「サ」の音が転訛したもので、稲飯命の「稲」は文字通り「イネ」、三毛入野命の「毛」は食べ物を意味しており、当時における食べ物の代表格は五穀に他ならない。


 つまり、天孫降臨から神武天皇の即位に至るくだりは神名・人名や地名を通して、稲を始めとする五穀とのかかわりを執拗なまでに暗示している。地上の統治を委託された天皇の一番の役割が何であったか改めて語らずとも、読む者、聞く者にはおのずとわかるようになっていたのだった。


【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

NEWSポストセブン

「大嘗祭」をもっと詳しく

「大嘗祭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ