野田聖子氏、退院後の息子の近況を報告「鉄母、ハラハラ」

11月13日(水)18時0分 AbemaTIMES

 衆議院議員の野田聖子氏が12日に自身のアメブロを更新。息子・真輝くんの様子を報告した。

野田聖子公式ブログよりスクリーンショット
 4日のブログで野田氏は、10月23日に真輝くんが「右室肺動脈導管交換術」という約7時間に及ぶ手術を受けたことを報告。「予定では約1カ月と言われた入院」だったことを明かすも、「おかげさまで、手術からわずか12日間の入院生活のち、無事、退院」と、予定より早く退院できたことを感謝とともにつづっていた。

 この日、野田氏は「退院後、ムスコさん、順調です」と報告。一方で「思っていたより、あまりに早い退院でした。両親は嬉しいけど、不安」とも明かし、「まだ、彼の体には生々しい手術の痕跡。胸からおへそまで一直線の15センチはある傷。抜糸されてるけど、今にも開きそう…その横にはドレーンの穴三つ。これはまだ閉じていなくて膿が出ている…」と現在の真輝くんの状況を説明した。

 自身は「恐る恐るのケア」をしているといい、「まだ、ハグも出来ん」とコメント。しかし「本人はいたって元気」だといい、「登校は不可だけど、外出は可。で、愛するパパと、お出かけ満喫〜」と真輝くんの写真を公開。「鉄母、ハラハラ」と本音をつづった。

▶︎動画:「はしりたい」治療法のない難病とたたかう少年の夢

▶︎動画:つわりを支える夫、蒼井そら出産までの3ヶ月間に密着

AbemaTIMES

「ハラ」をもっと詳しく

「ハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ