水原希子主演の”半分ドキュメンタリー”ドラマが始まる前からヤバそうなワケ

11月13日(水)10時0分 アサ芸Biz

水原希子

写真を拡大

 来年1月からHuluで独占配信されるオリジナルドラマ「ブラを捨て旅に出よう〜水原希子の世界一周ひとり旅〜」(全6話)が、配信スタート前から話題になっている。

 このドラマは作家で旅行評論家の歩りえこ氏のエッセイ「ブラを捨て旅に出よう〜貧乏乙女の世界一周旅行記〜」をベースにしたもので、主演の水原次第で展開が変わっていく“半分ドラマ、半分ドキュメンタリー”な内容。

 水原は2015年5月23日、自身のインスタグラムにバストトップの存在があからさまな胸ポチ写真を投稿。1日で約9万件の「いいね!」を集めたが、一方で「下品」「やりすぎ」などと批判も浴びた。2017年9月18日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した時には、長時間、アンダーウエアで胸を締めつけられているのがキツイと言い、着けないこともあると明言。バストトップが露わに浮き出てしまっても「私は全然気にしない」「なんでみんな“ブラを着けなきゃいけない”という固定観念が(あるのか)」などと語り、多くの女性を敵に回してしまったこともある。
 
「水原は今年の9月9日にも鶴が描かれたふすまを背景に、畳の上に置かれた大きな和机の上でM字開脚した写真をインスタグラムに投稿。同性から批判の集中砲火を受けたばかりです。同じようなことを繰り返すということは、批判されることに抵抗がないのでしょう。そのためネット上には『どんだけヤバいドラマになることやら』『また胸ポチですか?』といった辛口批判があふれています」(女性誌記者)

 女性を敵に回しても、ブラを捨てた水原を支持する男性は大勢いるはず。どんなアクシデントやサプライズが出てくるのか、今から楽しみだ。

アサ芸Biz

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ