音楽プロデューサー・瀬尾一三、自ら手がけた中島みゆきらの名曲を収録した作品集第2弾が発売決定

11月13日(火)15時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



日本音楽界のレジェンド的プロデューサー瀬尾一三の芸能活動50年のワークスをまとめた作品集第2弾が2019年1月30日に発売となる。

1969年から作・編曲活動をはじめた瀬尾は、2019年に芸能活動50周年を迎える。1990年に德永英明「壊れかけのRadio」で第32回レコード大賞編曲賞を受賞、また中島みゆきの音楽プロデューサーを長年努める中では、名曲となった「糸」、NHK紅白歌合戦出場曲「地上の星」、NHK連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」のほか、ミリオンを達成した「浅い眠り」、「空と君のあいだに」、「旅人のうた」など数多くのヒット作を生み出している。その他では、吉田拓郎長渕剛など、誰もが知る日本を代表するアーティストのヒット作品も数多く手がけている。

そんな瀬尾一三の生誕70周年を記念して2017年に発売した作品集第1弾は、音楽プロデューサーの作品集としては異例の好セールスを記録し、いまなおその記録を伸ばし続けている。

瀬尾が関わった歴史的名曲を通して、フォーク、ニューミュージック、J-POPの黎明期から現在まで、50年にわたる日本の音楽シーンの軌跡を歩むことが出来る作品集の第2弾もまた、誰もが知るアーティストばかりの内容となっており、全17曲が収録される。今回発表された16曲以外の最後の1曲については近日公開予定とのことだが、その発表が待ち遠しい。

なお、同じく1月30日に中島みゆきの90年代後半のオリジナル・ベスト・アルバム『大銀幕』の再発売が決定しているが、こちらもまた瀬尾のアレンジによる作品ばかりなので、ぜひチェックしてもらいたい。

アルバム『「時代を創った名曲たち 2」〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜』

2019年1月30日発売

YCCW-10357/¥2,778+税
<収録曲>※曲順未定
01. 最後の言い訳(1988)/ 德永英明
02. ヘッドライト・テールライト(2000)/ 中島みゆき
03. 終章(エピローグ)〜追想の主題(1980)/ CHAGE and ASKA
04. 中央フリーウエイ(1977)/ Hi-Fi Set
05. 聖・少女(1982)/ 西城秀樹
06. RONIN(1985)/ 吉田拓郎
07. 雪・月・花(1998)/ 工藤静香
08. 6月の雨(1984)/ 松山千春
09. NATURALLY(1983)/ 八神純子
10. マスカレード(1978)/ 庄野真代
11. グッド・タイム・ミュージック(1974)/ 斉藤哲夫
12. 魔法使いの恋人が逃げた(1978)/ 谷山浩子
13. 春でも夏でもない季節(1985)/ 石川優子
14. 海風(1977)/ 風
15. ひとつぶの涙(1972)/ シモンズ
16. 気分を出してもう一度(1977)/ 立木リサ&今野雄二
他、全17曲収録予定

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07KCVGNHW/
■YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
https://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=989&artist_id=97

OKMusic

「プロデューサー」をもっと詳しく

「プロデューサー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ