ノープロブレム!実写映画「ソニック・ザ・ムービー」日本公開日決定&新ビジュアルお披露目

11月13日(水)10時9分 おたくま経済新聞


 ハリウッドで実写映画化された「ソニック・ザ・ムービー」の日本公開日が、2020年3月27日に決定しました。アメリカでは日本より約1か月早い2月14日に公開されます。

 本作はもともと2019年11月にアメリカ公開、12月に日本公開が予定されていました。しかし、5月に公開した「ソニック」のキャラクタービジュアルに対するファンの反応をうけて、急遽公開延期を決定。

 監督をつとめるジェフ・ファウラー氏は当時、「Taking a little more time to make Sonic just right.」(もう少し時間をかけてソニックがよりよくなるようにします)とTwitterでコメント。アメリカ公開を2020年2月14日にすると告知していました。そして日本の公開延期も配給会社の東和ピクチャーズから後に発表され、日本公開日は決まり次第発表するとしていました。

 実写映画の情報については今回、日本公開日の発表以外に、最新予告映像と、ポスタービジュアルも解禁。実写映画版のソニック新ビジュアルがお披露目されています。

 新ポスタービジュアルでは、ソニックが、お馴染みのキメゼリフで「ノープロブレム!ここはオレにまかせとけ!」と、余裕の表情をうかべています。

 また、最新予告編は、地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するため奔走するという内容。やんちゃでお調子者なキャラクターも垣間見えるシーンも収録されています。



 「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」以来、様々なゲーム機向けに作品を展開。シリーズは全世界で累計約9.2億本(=DLを含む)を突破。音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターは、日本をはじめ世界中で愛され続けています。

■監督:ジェフ・ファウラー

■製作:ニール・H・モリッツ(「ワイルド・スピード」シリーズ)、ティム・ミラー「デッドプール」

■出演:ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー

■全米公開:2020年2月14日

■原題:Sonic the Hedgehog

■配給:東和ピクチャーズ

2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

<参考・引用>

東和ピクチャーズ株式会社 2019年11月12日配信プレスリリース

ジェフ・ファウラー監督Twitter(@fowltown)

(宮崎美和子)

おたくま経済新聞

「実写」をもっと詳しく

「実写」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ