柏木由紀、意味深な衝撃発表は…「30歳までAKBを卒業しません」宣言

11月13日(水)19時26分 オリコン

AKB48柏木由紀 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 アイドルグループ・AKB48が13日、読売テレビ・日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭2019』(後7:00〜8:54/大阪城ホール)に出演。番組告知で「AKB48柏木由紀が衝撃発表!?」と打ち出され、発言が注目を集めていた現役最年長28歳の柏木由紀は「10年桜」をセンターで歌唱後、「30歳までAKBを卒業しません」と宣言する“衝撃発表!?”で笑顔を見せた。

 今月9日、番組の公式ツイッターには柏木のメッセージ動画が投稿された。2009年3月の発売から10年を迎えた11thシングル「10年桜」をセンターで歌うことになり「私も気がつけば28歳になり、当時神7と呼ばれていた先輩、同期も全員卒業して、ご結婚されていたり、お母さんになったりしていますが、今回なぜか私がセンターを務めさせていただくことになりまして。まだまだ若いメンバーに負けないようにしっかりセンターを務めたいと思います」と意気込んだうえで、「もしかしたら、とんでもないことが起きるかも、言うかもです」「お見逃しなく」と意味深予告していた。

 「歌唱後 柏木由紀から衝撃発表」のテロップが表示されるなか、「10年桜」を歌い終えた柏木は「私から明るい宣言をさせてください。卒業発表ではなく、私はAKBとアイドルが大好きなので、30歳までAKBを卒業しません」と声高らかに宣言。「AKBで現役で30歳になったメンバーが1人もいないので、ちょっと頑張ろうかな」と意気込むと、MCの宮根誠司は「できれば50歳まで頑張ってほしい」とエールを送り、柏木は「50!?」と目を丸くした。

 AKB48の現役最年長記録は、2017年4月19日の29歳誕生日にグループを卒業した小嶋陽菜が保持。柏木が2021年7月15日に30歳となるまで現役を続けると、2005年12月に誕生したAKB48史上初となる。昨今のAKB48は最新シングル「サステナブル」で初センターを務めた矢作萌夏ら“次世代”を担う若手の卒業が相次ぎ、ファンの動揺が広がるなか、1期生・峯岸みなみに次ぐ現役ベテランメンバーの柏木が気炎を上げ、話題作りに一役買った。

オリコン

「柏木由紀」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「柏木由紀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ