草刈正雄、『真田丸』のオファー断るつもりだった 紅蘭が暴露

11月13日(火)8時4分 RBB TODAY

(c)Getty Images

写真を拡大

草刈正雄が、12日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場。再ブレイクのきっかけともなった大河ドラマ『真田丸』の出演を断ろうとしていたことが分かった。


 この日は長女の紅蘭から、草刈の素顔に関する暴露コメントが到着。それによると草刈は「指が痛くなっただけでガンになった」と心配し、また紅蘭が風邪になっただけで仕事が手につかなくなるなど“心配性”だという。

 さらに紅蘭によれば、草刈は「とにかくネガティブで、『真田丸』も自信がなく、最初は断ろうとしていた」のだとか。そこで「家族みんなで褒めて持ち上げて何とか出演させた」と、その裏側を明かしていた。

 だが出演後、草刈は彼女のベッドに『真田丸』のDVDを置き、「見ろ!見ろ!どこが良かったか説明してくれ!」と感想をしつこく求めていきたのだとか。

 これについて草刈は「どうだった?どうだった?と100回聞きますから」と、とにかく自分への評価が気になるそうで、娘たちはそれが面倒くさくなり、以来まったく父親の作品を見てくれないのだという。一方、草刈も娘の出たテレビは見ないとし、「今は音信不通」と言うと、共演者から「音信不通ではないでしょ」と指摘されていた。

RBB TODAY

「紅蘭」をもっと詳しく

「紅蘭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ