笑点が「学級崩壊」 昇太「師匠らが言うこと聞かない」

11月13日(日)16時0分 NEWSポストセブン

「師匠らが言うこと聞かない」という春風亭昇太

写真を拡大

 国民的長寿番組『笑点』(日本テレビ系)。「マンネリの極致」と揶揄されながらも常に高視聴率を叩きだしてきた同番組が、51年目にして異常事態に直面している。それは、テレビで見てもハッキリわかる。海千山千のベテラン回答者たちが、5月から桂歌丸(80)に代わり新司会に就任した春風亭昇太(56)の言うことをゼンゼン聞いていないのである──。


 7月31日放送の「大喜利」コーナーで、その事件は起こった。三遊亭円楽(66)と、林家木久扇(79)が、それまでの番組進行を無視して勝手に漫談のようなやりとりを始めたのだ。


「やめなさい! 歌丸師匠が司会を辞めてから、無駄話が多すぎるよ!」


 そうストップをかけようとする司会の昇太。しかし2人の暴走は止まる気配もない。そんな様子を見て、三遊亭小遊三(69)が漏らした一言が振るっていた。


「コレを学級崩壊という!」


 会場は大爆笑。コントロールが利かなくなった場を制しようと、昇太が一喝。


「全員の(座布団を)1枚ずつ持ってって!」


 しかしこれが“問題児”たちのイタズラ心に火を付けた。円楽以下、全員が「ほーらよ!」と昇太に向かって座布団を投げつけたのだ。観客の爆笑はさらに大きくなったが、当の昇太は放心状態だった。


 最近も“学級崩壊”は繰り返された。11月6日の放送では、「100円ショップで売っている変なもの」というお題に対し、円楽が「三遊亭好楽(70)の独演会チケット」とぶちあげた。会場は大ウケだが、昇太から座布団は出ず。好楽に気を遣ってのことだったが、円楽は口をとがらせて昇太に「バ〜カ」と大暴言。また会場は沸きに沸いた。


 回答者だけじゃない。7月17日の放送では、林家たい平(51)にイジられた山田(隆夫・60)くんが司会の昇太そっちのけでたい平を突き飛ばし、座布団を取り上げる暴走に出た。もはや司会の威厳も何もあったもんじゃない状態なのだ。


 当事者の昇太は何を思うのか。“学級崩壊”に歯ぎしりしているのか、それとも巧みな計算か。


 本誌の直撃に対し昇太は「ポストさん、またアポなしですか〜、あなた方だけですよ、そんな人たちは、モウッ!」と言いながらも答えてくれた。


「そうなんですよ〜。歌丸師匠の時は皆さん、けっこう司会の言うことを聞いてたのに、僕になったら聞かなくなったんです。


 でも、そういう変化って、僕自身も楽しんでいるんです。皆さんが投げかけてくる言葉に、その都度対応しているだけなんです。僕に代わってメンバーのイジリ方が過激になってる? やっぱり笑いって、チビとか仕事がないとか親の七光りとか、そういうマイナス要素がないと笑えないんですよ。


(林家)三平君は、美人と結婚してお子さんもできたし、幸せだけど、それが笑いに繋がるかというとそういうわけじゃないからね。彼には“親の七光り”のほうがいいわけですよ。やっぱり彼、オイシイなァ!」


 学級崩壊は、キャラ立ちした演者がいてこその“芸”ということらしい。日曜の夕方が、また楽しみになってきた。


※週刊ポスト2016年11月25日号

NEWSポストセブン

「笑点」をもっと詳しく

「笑点」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ