首里城火災で家宝400点焼失… 琉球王家末裔「尚家」の力

11月13日(水)11時0分 NEWSポストセブン

尚家23代目投手の尚衞氏(時事通信フォト)

写真を拡大

 火災で甚大な被害に遭った首里城(沖縄県那覇市)には、琉球王朝時代の美術工芸品や絵画など1500点以上の展示物が所蔵されており、今回の火災で琉球王族「尚(しょう)家」に関連する資料400点以上が焼失した可能性が指摘されている。


「尚家とは琉球王国の王家・尚氏の末裔で、国宝を含む貴重な文化財を、首里城を管理する『沖縄美ら島財団』に多数寄贈してきました。焼失した可能性の高い文物の中には、『雪中花鳥図』など、17世紀の琉球王国の文化を伝える尚家伝来のものが複数あったようです」(地元紙記者)


 この火災を受けて23代当主の尚衞(まもる)氏は、


「沖縄県民にとって精神の象徴ともいうべき首里城がこのような火災となり、深く心を痛めている。復興が早くかなうように全霊を込めて努力したい」


 とする声明を発表した。彼は現在、琉球歴史文化継承振興会の代表理事を務めている。


「建物は再建できたとしても、焼失した所蔵物までは復元できません。尚家は沖縄県内に複数の分家が存在しますが、みなさん一様に心を痛めていると聞きます」(同前)


 ちなみに、琉球王家の末裔の中には有名人もいる。NHKの朝ドラ『なつぞら』などに出演した女優の比嘉愛未が映画の舞台挨拶で、「最近、沖縄に帰った時、ひいおばちゃんから『うちは沖縄の琉球王朝の末裔なんだよ』と言われて仰天した」と告白し、話題になった。


 王家の末裔たちは、日本に脈々と根付く琉球王国の歴史と伝統を守り続けながら、その象徴たる首里城の再建を願い心をひとつにしているはずだ。


※週刊ポスト2019年11月22日号

NEWSポストセブン

「琉球」をもっと詳しく

「琉球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ