元貴乃花「わが家の全財産は5万円」と笑顔の景子夫人と狙う、起死回生の一発

11月13日(火)5時0分 週刊女性PRIME

花田光司

写真を拡大



「たかちゃんって呼んでくださいよ」

 11月3日、4日と福岡県田川市で行われた『第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル〜炭坑節まつり〜』。

 10月1日に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方の花田光司氏が姿を見せ、餅まきをしたり綿あめを作るなど、来場した人たちと笑顔で触れ合っていた。

■残る2億円のローン



貴乃花部屋が同市に九州場所の宿舎を構えていた縁で、花田さんは恩返しの意味もあって参加されました。

 5時間ほど綿あめを作っていましたが、あめが髪の毛や眉毛にくっついて真っ白になってもかまわずに“たかちゃーん!”と年配女性たちに呼ばれて笑顔で写真撮影などに応じていましたね」(地方紙記者)

 祭りでは千賀ノ浦部屋へ移籍した元弟子たちとも再会。11日から始まった九州場所で健闘できるよう、彼らを激励していた。

「現在、花田氏は各地にちらばっている後援者の挨拶回りをしているようです。田川には宿舎があった関係で、タニマチの方も多数いる。ですが、あくまで相撲の親方だから応援してきたという人も多いので、相撲協会から去った彼を見放す人もいるようですよ」(ワイドショー関係者)

 昨年末に起きた貴ノ岩暴行事件の前は、理事として年間2000万円以上の収入があった。

「理事から役員待遇に降格。最後には一番下の年寄になり、収入は1200万円ほどにまで下がってしまいました。さらに、相撲協会から離れたことにより、親方としての収入はストップしてしまいました」(同・ワイドショー関係者)

 そのうえ、タニマチからの資金援助も減ってしまい、懐具合もピンチだという。



「そもそも、先代から引き継いだ中野区内にあった相撲部屋を売却し、'16年に江東区内に借りた部屋に引っ越したのも、金銭的に窮していたからと言われています。品川区内に5億円といわれる豪邸を所有していますが、まだ2億円ほどローンが残っている。

 '15年には1億8000万円の根抵当権も設定されています。満額借りていたら、毎月の支払いはかなり高額でしょう」(相撲ジャーナリスト)



■わが家の全財産は5万円



 当然、相撲協会に所属する親方だからこそ、金融機関も高額の融資に応じた部分もあるだろう。また、私立学校に通う17歳と15歳の娘の学費も大きくのしかかるはずだ。

 そんな彼を間近で見てきた貴乃花部屋の有力後援者のひとりで、宗教法人『龍神総宮社』の辻本公俊代表は、

「貴が相撲協会を離れるわけだから、サポートをやめる人もいるやろね。まあ、私は貴乃花個人を応援していくけど。(金欠かどうか)人の米びつまでわからへんわ。

 ただ、あいつは金銭面で私に頼ってきたことはないよ。そんな相撲協会から払われる年間1千万円くらいなんて、はした金でしょ。テレビでも講演会でもいくらでも稼げるよ」

 と、後援者離れは認めながらも、金銭的に窮していることには疑問を呈する。

 だが、景子夫人に近い人は、こんな驚くような話をされたという。

「半年くらい前だったかしら、まだ女将さんだったころに一緒にお食事をしたんですけど、支払いになってみんなで割り勘にしたんですよ。

 そうしたら景子さんは“この財布に入っている5万円が今月のわが家の全財産なのよ〜(笑)”って冗談めかして話されたんです。昔から“金欠報道”がありましたけど、あっけらかんと話されるから、ちょっとびっくりしちゃいました」(あるママ友のひとり)



 現役時代は億単位のお金を稼いでいた花田氏。だが、今は相撲協会から離れ“無職状態”である彼に、妻が愛想を尽かせたなどの報道もチラホラ見かけるが……。

「景子さんの話を聞いていると、間違いなく彼女のほうが花田さんに惚れている感じですよね。よく、“親方が〜”なんて話されていますし、本当に仲はいいですよ。

 彼女は2年ほど前に自分の会社を作っていて、講演会も年間50本ほどこなしている。そのほかに、話し方講座や食品のプロデュース、はたまた美容液の開発などもやっていますからね。

 安定した収入で、夫をバックアップしていくでしょう。だから、金欠発言があったときも、私は“ご冗談でしょ?”って言いましたけどね」(同・ママ友のひとり)





 そんな景子夫人と花田氏との共演へ、テレビ局は熱烈なオファーを出している。

「10月29日に花田氏が出演したバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)が高視聴率を記録し、各局から出演オファーが殺到しているようです。特に夫婦共演なら1回500万円出すという番組もあるようですよ」(テレビ局関係者)

■総理も望む参院選の出馬



 知名度は抜群なだけに、タレント価値が高いのは間違いない。元アナウンサーの妻とタッグを組めばテレビ界の横綱を目指すことも夢ではないはずだが─。

「私は、貴乃花はタレントだけにはならないと思いますよ。どんなことをするかは聞いてませんが、彼は賢い男だからね」(前出・辻本氏)

 もうひとつのビッグプランとして報じられているのが、政治家への転身だ。来年7月に行われる参議院選挙での出馬が取りざたされている。

「花田氏は相撲協会を退会した3日後には永田町の議員会館を訪れ、元文部科学相の馳浩衆院議員と面会している。

 両人とも参議院選出馬の話はしなかったと言っていますが、馳側から選挙に関する話はあったと思いますよ。どちらかと言えば、花田氏より自民党のほうが、彼を担ぐことに熱くなっていますからね」(政治ジャーナリスト)

 さらに、花田氏にはこんな政界人脈もあるという。

「貴乃花を可愛がっていた故・北の湖理事長は、安倍総理の父親である安倍晋太郎元外務大臣と親交が深かった。それは息子の安倍総理にも引き継がれ、北の湖さんの葬儀には総理が弔辞を送っています。

 そんな仲でしたから、自分の後継者と公言していた貴乃花を総理に紹介していないはずはない。だからこそ総理も“ぜひ貴乃花を参院選に出馬させたい”と思っているのでしょう」(ある政界関係者)

 そこで、金銭的なことや将来のプランについて、花田氏の代理人である石原修弁護士に質問状を送ると、金銭的に窮していることを否定したうえで、

「(旧貴乃花部屋の賃貸契約を続けることは)今後とも続けてまいります。今後は子どもの教育に携わるようなことをやっていければと思っております」

 との回答が寄せられた。

 ガチンコ勝負にこだわり続けた“平成の大横綱”は、これからどんな姿を私たちに見せてくれるのだろうか─。

週刊女性PRIME

「貴乃花」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「貴乃花」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ