有吉、“新語・流行語大賞”に言及「もうやめたら? 全然ピンとこないじゃん」

11月13日(土)20時40分 TOKYO FM+

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。11月7日(日)の放送は、アシスタントにデンジャラスの安田和博を迎えてお送りしました。

(左から)安田和博、有吉弘行


1週間のニュースを有吉にスッキリさせてもらうコーナー「スッキリしないニュース」では、「現代用語の基礎知識」選 2021ユーキャン 新語・流行語大賞のノミネート30語が発表されたことを紹介。今年は「東京2020オリンピック・パラリンピック」関連のワードが多く、昨年に引き続き新型コロナウイルスにまつわる言葉も散見しました。
しかし、このニュースに有吉は、「もうやめたら? 毎年全然ピンとこないじゃん」と若干呆れている様子。流行語と言いながらも、知らない&意味がわからない言葉も多く、「ギャル語大賞(egg流行語大賞)とかもあったけど、そうやって細分化したほうがいいんじゃないかな。新語・流行語を1つにまとめるのは絶対に無理だと思うよ」と持論を展開。
これには安田も納得しつつ、今回ノミネートされた30語を挙げていくと、有吉は「“イカゲーム”が飛び込んできたけど、“うっせぇわ”“Z世代”“ウマ娘”……“チャタンヤラクーサンクー”ってなにそれ? 全然わからない」と早々に興味半減。
さらには、「“ととのう”“ぼったくり男爵”……全然面白くないじゃん! しかも“リアル二刀流”って、はっきり言って宮本武蔵だけだからね。『リアル』っていうことは刀を2本持たないといけないわけ。なによ“リアル二刀流”って。納得がいかない」との指摘も。
最後に、あらためて今年度の新語・流行語大賞を鑑み、「今年はオリンピックもあったけど、(流行語大賞は)またコロナ関連でしょ。“副反応”とかね。(オリンピックは)盛り上がって感動もあったけど、流行語ってほどのものはないんじゃないかなぁ。だから今年も、コロナ関連以外は難しいと思うけどね」と予想していました。
<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00〜21:55
放送エリア:放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

TOKYO FM+

「新語」をもっと詳しく

「新語」のニュース

「新語」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ