【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

11月13日(水)15時11分 エンタメOVO

佐藤寛太

写真を拡大

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や仕事仲間、動物たちと触れ合いながら、再び前向きに歩き出す青年・亮太を繊細に演じている。本作を経て、役者としての成長を期待する佐藤に、撮影時の様子やベテラン役者との共演の感想、今後の展望などを聞いた。



−今までとは毛色の違う作品ですが、オファーを受けたときのお気持ちは?

 福岡は母親の故郷なので恩返しができるような気がしました。今回は大牟田弁を使いましたが、博多弁に近い方言を話せる喜びも大きかったです。それに、動物も漫画も好きだし、亮太が漫画家を目指して上京するところは、俳優になりたくて上京した僕と共通しているので役と重ね合わせやすいと思いました。

−しかし、亮太は夢破れて地元に帰りますよね。佐藤さんは順風満帆の人生のように見えますが。

 はたからはそう見えるかもしれませんが、毎回、自分が表現したいことがちゃんと表せているのか不安になったり、満足できなかったりすることがあります。グループの先輩たちはみんな個性が違い、モデルケースになる人がいないので、正直、この先どんな役者を目指して、どうなりたいのか? と考えることは多いです。

−地元に帰りたいと思うこともありますか。

 それはまだないです。でも、一人暮らしに憧れていたわけではないので、実家で暮らしたいとは思います。実家だと何もしなくていいじゃないですか。お母さんは神様ですよね(笑)。撮影が入ると家事に手が回らなくなるので、めっちゃ売れたら福岡から通いたいです。

−亮太が働く延命動物園の野田彰園長役の武田鉄矢さん、亮太の祖母役の渡辺美佐子さんなど、ベテランのキャストと共に、シリアスな作品に挑むことに対する緊張はあったのでしょうか。

 タイトルやキャストの名前を聞いたときは、緊張よりも、この作品で成長できると思いました。ベテラン俳優の方たちの演技は勉強になるし、自分が磨かれるんじゃないかなと期待しました。命をテーマに動物と向き合うような作品も役者人生の中で何本もあるわけではないので、しっかり対峙(たいじ)し、思い出に残る一本にしようと思いました。

−武田さんは同郷の大先輩でもありますが、何を学びましたか。

 武田さんは本当にすごかったです。あの“武田鉄矢ワールド”には圧倒されて、見ていることしかできませんでした…。でも、アドリブで僕にパスを出してくれたときに、返せたことがあったんです。そこはカットされましたが、武田さんから「よくついてこれたね」と言ってもらえてうれしかったです。本編に入っていないからこそ、僕だけの宝物になりました。具体的にアドバイスをするのではなく、「やるから見てろ」「ついて来い」という感じで、背中で示す姿がすてきで、僕もいつかああいう俳優になりたいと思いました。

−座長として心掛けたことは何でしょうか。

 どの現場でも、主演の熱量が作品の熱量に変わっていくので、自分が主演をやるときはいつでも100パーセントで臨もうと考えていたし、実際、かなり集中してできました。それがみんなに伝わればいいなと思っていました。

−絵描きにも挑戦されましたがいかがでしたか。

 めちゃめちゃ大変でした。撮影をしていないときは、動物のフンを片付けるか、絵を描いているかのどっちかというぐらい、毎日すごい練習をしました。漫画は1冊にかける労力が半端ないので、漫喫で読んでいたことが申し訳ないと思いました(笑)。ちゃんと買わなきゃ駄目ですね。

−動物園では、実際に動物と触れあうことも多かったようですが、お気に入りの動物は?

 キリンです。間近で見るキリンは想像をはるかに超える大きさで、「ヤベー!」ってシンプルに思いました(笑)。そのキリンが頭を下げて寄ってきてくれるんですが、それは僕たち人間が逆立ちをしているのと同じつらさがあるんです。それなのに、そうやって懐いてくれる姿はかわいらしいし、気性も穏やかで、触れ合うだけで優しさを感じました。この世で一番好きな動物になりました。

−動物園に対するイメージは変わりましたか。

 小さい頃は動物園のスタッフは優しいお兄ちゃん・お姉ちゃんでしかなかったけれど、今はプロ根性があって、たくましくて尊敬します。命に携わる仕事は人を強くするんですね。

−「命」と向き合った本作を通して、佐藤さんの中で具体的な変化はありましたか。

 しばらくぶりに実家に帰ると、両親が年を取っていたり、2人の弟も成長したりしていることで、時の流れをまざまざと感じます。祖父母に至っては、年齢的にも会える回数は数えられるぐらいしかないとハッと気付きました。だから、会ったときの時間は大切にしたいです。同時に、足元がおぼつかないとかいう、身内のちょっとした変化はショックだけれど、それもあらがえないものだから、きちんと受け入れて接していこうと思いました。

−役者としても確実に変化されていると思いますが、今後はどのような活動をしていきたいですか。

 この前、『新世紀エヴァンゲリオン』を読破したんですが、漫画やゲームが好きなので、いつかアニメの声優をやってみたいです。それから、松永大司監督(『トイレのピエタ』『死と恋と波と』など)と何でもいいから一緒に作品を作りたいです。どんなに救いようのない人間にも寄り添い、力をくれるような作品が多く、刺さる人には刺さる世界観が好きです。

−胸キュンやキラキラ系より、本作のようなリアルで人間味ある作品の方が好みなんですね。

 そうですね。もちろん、原作がある学園ものやキラキラ系の作品にも、お話を頂ければ出させていただきたいですが、僕ももう23歳ですからね。こういうオリジナル作品や“生”感のあるもの、一流俳優が集まる監督の下でいろいろなことを学びたいです。英語の勉強も昔からしているので、いつか海外で自分の可能性を試したいです。

(取材・文・写真/錦怜那)



 映画『いのちスケッチ』は11月15日(金)からユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国公開。

エンタメOVO

「佐藤寛太」をもっと詳しく

「佐藤寛太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ