再注目の後藤久美子に“大物女優”の運命を確定させた「おさわがせ」事件!

11月14日(水)5時58分 アサ芸プラス

「男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮)」での、23年ぶりの女優復帰が決まった、後藤久美子

 44歳となった現在も、元祖“国民的美少女”の輝きを感じさせる美貌とスタイルを保っており、芸能メディアは、その復帰を歓迎する声にあふれている。

「とにかく、当時のゴクミの美しさは群を抜いており、“国民的美少女”という冠には誰も不満も疑問も持たなかった。ゴクミの大ブレイクの直後から、所属のオスカープロは、“第2のゴクミ”の発掘にと『全日本国民的美少女コンテスト』をスタートさせていますが、米倉涼子上戸彩などの人気女優こそ輩出させているものの、“国民的”となるとゴクミと肩を並べ評価を受ける少女は、いまだ一人も現れていません」(芸能プロ関係者)

 だが、所属事務所の判断を一つ間違えればゴクミの運命が変わっていたかもしれない、こんな過去もあったという。

「1987年1月から放送された、思春期の男女の性への興味をコメディータッチで描いた下半身ネタ満載ドラマ『毎度おさわがせします3』(TBS系)のヒロインに内定しながら、クランクイン直後に降板するという騒ぎを起こしています。内容を知った家族の猛反対もあったはずでしょうが、今振り返ると、事務所も、目先の損失よりも将来性を考えての決断は間違いなく正しかったと、改めて思えますね。結局、ドタバタの中、たまたまTBSに売り込みにきていた立花理佐が、幸運にも『毎度おさわがせします』のヒロインの座をゲットしてアイドルとしてもブレイクしました。とはいえ、絶頂期の人気は長続きしたとはいえません」(芸能記者)

 ゴクミの「毎度〜」も見てみたかった気もするが…。

(露口正義)

アサ芸プラス

「後藤久美子」をもっと詳しく

「後藤久美子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ