吉田羊×佐野玲於×村上虹郎『ハナレイ・ベイ』中国、台湾、韓国で公開決定

11月14日(水)15時15分 映画ランドNEWS

ハナレイ・ベイ

作家・村上春樹の同名短編作品を吉田羊×佐野玲於×村上虹郎のキャストで映画化した『ハナレイ・ベイ』が中国、台湾、韓国で公開されることがわかった。


ハナレイ・ベイ


2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるベストセラーとなっている作家・村上春樹の『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である「ハナレイ・ベイ」を映画化した今作。サーフィンに明け暮れる思春期の息子と、シングルマザーで彼を育ててきた母親サチの姿を描き出す。


ハワイのハナレイ・ベイで一人息子をサーフィン中の事故で亡くした主人公サチ役に吉田羊、サチの息子・タカシ役に佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、サチがハナレイ・ベイで出会う日本人サーファー・高橋役に村上虹郎が扮する。監督を『トイレのピエタ』で知られる松永大司が務める。


ハナレイ・ベイ


公開から約1ヶ月が経つ今も、感動と共感を呼ぶその作品世界が大きな反響を呼び絶賛上映中の本作。今後も11月16日(金)から大分県のT・ジョイパークプレイス大分、鹿児島の鹿児島ミッテ10、12月1日(土)からは北海道のシネマアイリス、神奈川県のシネマジャック/ベティ、宮崎県の宮崎キネマ館、12月14日(金)からは山形のフォーラム東根などで公開がスタートする。


ハナレイ・ベイ


中国、台湾、韓国での公開が決定した本作だが、公開時期は各国現在調整中。海外でも非常に人気の高い村上春樹作品の映画化という事で、高い注目を集めてきた。待望の海外配給が決定したことで、この珠玉の感動作が日本だけでなく世界へと広がっていく。


現地時間11月8日(木)から開催中の第38回ハワイ国際映画祭にもインターナショナル・プレミアとして正式出品されている本作は、映画撮影の舞台にもなったカウアイ島でのスペシャル・ショウケースのクロージング作品として上映が決定している。




映画『ハナレイ・ベイ』は大ヒット公開中


©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ