眞鍋かをり、横浜流星にうっとり「美しすぎて現実なのか…」

11月13日(水)23時12分 マイナビニュース

俳優の横浜流星が、「2019 第32回 小学館 DIMEトレンド大賞」のベストキャラクター賞に選出され13日、都内で行われた発表・贈賞式に出席。プレゼンターを務めたタレントの眞鍋かをりは、「美しすぎる」と横浜にうっとりしていた。

同アワードは、ビジネスからエンターテインメントまで幅広いジャンルにわたり、その年のトレンドとなった注目商品やヒット商品・サービスなどを贈賞するもの。32回目となる今回、雑誌『DIME』およびWEBマガジン『@DIME(アットダイム)』で読者からの投票を募り、その結果をもとに編集部と選考委員(小山薫堂、眞鍋かをり、安田典人DIME編集室長)が協議を行って決定した。

横浜は今年、TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でピンク色の髪が印象的な“ゆりゆり”こと由利匡平を演じてブレイクし、さまざまな作品に出演。最も輝かしい活躍をおさめ、多くの人々の支持を集めた人に贈られるベストキャラクター賞を受賞した。

ステージでは、選考委員を務めた眞鍋がプレゼンターとして横浜にトロフィーを授与。横浜は「素敵な賞をいただけて光栄に思います」と喜び、「自分にとってターニングポイントになった年でした。『はじこい』から始まってたくさんの方に認知してもらって、たくさんの人に出会い、さまざまなことを経験して学んで、素晴らしい時間を過ごすことができました」と今年を振り返り、「これからも良い作品を作れるように頑張っていきたいです」と決意を新たにした。

選考委員によるトークセッションも行われ、眞鍋は「完全に気持ちが横浜流星くんに持っていかれている。必要以上に近づいてしまったかもしれないんですけど、トロフィーを渡させていただくときに、この距離で見ても美しすぎて、現実なのかわからなくなってしまうくらい素敵」と、横浜の美しさにすっかり魅了されていた。

マイナビニュース

「眞鍋かをり」をもっと詳しく

「眞鍋かをり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ