日向坂46、選考ポイントは?乃木坂46&欅坂46“坂道3グループ”出場の理由<第70回 NHK紅白歌合戦>

11月14日(木)19時12分 モデルプレス

齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/11/14】日向坂46が大みそか恒例の「第70回 NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まり、14日、東京・渋谷の同局にて行われた発表記者会見に出席。会見後には、制作統括の加藤英明氏が囲み取材に応じた。

初出場となった日向坂46のほか、同じ坂道グループから、乃木坂46が5回目、欅坂46が4回目の出場が決定。加藤氏は「3つのグループとも同じ坂道グループですが、拝見しても個性が違うというか、目指している方向性が全然違う」と分析し、「今の時代に寄り添った、ありていに言うと、若い人に支持されていることなんですけど、そこは顕著ですし、セールスだけでなく話題になっている。個性がそれぞれ支持されているのが素晴らしいなと思います」と説明した。

また、日向坂46の選考ポイントについては「今年、ひらがなけやきを経て、新たに望む形となり、勢いを感じています」と期待を寄せた。

◆「第70回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

出場歌手は紅白合わせて41組。初出場は紅組3組、白組5組の合わせて8組。

初出場歌手は、紅組から今年2月に「けやき坂46」から改名し3月にデビューを果たしたばかりの日向坂46、アーティストの米津玄師プロデュースで話題沸騰中のこどもユニット・Foorin、LiSA、白組からデビュー8年目で舞台への切符を掴んだGENERATIONS from EXILE TRIBE、Kis-My-Ft2、菅田将暉、Official髭男dism、King Gnuが決定した。

◆紅白テーマ“4年目”の「夢を歌おう」

2016年からオリンピックイヤーを目前にした4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。オリンピックイヤーを目前にした今年の「第70回」は、そのしめくくりの年となる。

総合司会は3年連続となるウッチャンナンチャンの内村光良。紅組司会は4年ぶりとなる綾瀬はるか、白組司会は2年連続単独司会となる嵐・櫻井翔。放送は、2019年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ